ここから本文です

自賠責と労災の後遺障害と交通事故紛争処理センターについて

アバター

ID非公開さん

2011/11/211:48:06

自賠責と労災の後遺障害と交通事故紛争処理センターについて

昨年5月に事故に遭いました。

■事故処理の経緯
①事故翌早朝より首や肩などが痛み始め、人身事故へ切り替え。
②3ヶ月以上診ないと初診の先生から言い渡されて、9月1日転院。
③今年2月末、症状固定。
④4月に事前認定にて書類提出。 6月、後遺障害第14級9号が認定されました。
⑤7月に交通事故紛争処理センター申し込み。 8月第1回目の相談。
⑥9月、全国健康保険協会のホームページを偶然目にし、「第3者等の行為による傷病届」の提出が必要だということを知る。
また、その際、通勤災害に該当していたことに気が付く。
⑦10月、障害特別支給金と休業特別支給金申請。
ただし、会社と初診の先生が書類を書いてくれないので、審査に相当時間がかかるものと予想されます。

もうすぐ、交通事故紛争処理センターでの和解が成立するものと予想されます。
自賠責と労災での後遺障害等級が異なるということはよくある話だと聞きます。
例えば、自賠責14級。 労災12級ということもあり得る訳ですよね。
そういった場合、紛争処理センター利用中の現在、自賠責に異議申し立ては不可能です。

◆そこで、お伺いしたいのですが…
今後どう進めていけばよいのでしょうか?

紛争処理センターでこのまま一旦示談しても良いのでしょうか?
それとも、健康保険や労災の結果が確定するまで、示談を保留すべきなのでしょうか?

◆自賠責と労災の後遺障害に差が生じた時、示談後に改めて自賠責に異議申し立てをすれば良いのでしょうか?
また、その後、差額はどう回収していけば良いのでしょうか?
自賠責から?
再度、紛争処理センターを利用することは可能なのでしょうか?

◆また、示談に当たって注意すべきことはございますでしょうか?

初めての事故ですっかりゴチャゴチャになってしまいました。
大変お手数をおかけいたしますが、アドバイスをよろしくお願いいたします<m(__)m>

補足健康保険「第3者等の行為による傷病届」…症状固定後の現在も痛みがあるため通院中です。
今後も健康保険適用で治療継続できるよう申請しました。
(全国健康保険協会の判断待ちです。)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,860
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

松浦 靖典さん

リクエストマッチ

2011/11/216:48:36

紛争処理センターで、現在の状況を説明すると、取り下げや中断になる可能性がございます。

ただし、紛争処理センターの免責証書(示談書)には「ただし、将来乙(あなた)に本件事件を原因とする後遺障害14級を超える後遺障害が新たに認定された場合は、それに関する損害賠償請求権を留保し、別途協議する。」との一文が加わります。

また、自賠責保険の後遺障害12級13号は、MRI等で神経を圧迫しており、神経学的所見の検査であきらかな場合に認定されます。

現在の、質問者さんの症状では後遺障害12級13号は、難しいと思います。

よって、紛争処理センターで終了間近なら、示談して、もし労災で後遺障害12級12号(自賠責保険の後遺障害12級13号)が認定されたなら、改めて検討したほうが精神的にも楽だと思います。

>◆自賠責と労災の後遺障害に差が生じた時、示談後に改めて自賠責に異議申し立てをすれば良いのでしょうか?
また、その後、差額はどう回収していけば良いのでしょうか?
自賠責から?

労災=自賠責ではないですが、異議申立を申請することになります。
認定されたなら、自賠責保険からは12級の224万円から14級の75万円を差し引いた金額が支払われす。
その他の差額は、損保会社に請求します。

>再度、紛争処理センターを利用することは可能なのでしょうか?

再度、紛争処理センターの利用は可能なので、差額のややこしい計算は、紛争処理センターで判断してもらうと良いでしょう。

免責証書や再度のセンター利用可能は、大阪の紛争処理センターの事例です。
地域によっては、取り扱いが違うかもしれません。
念の為に、紛争処理センターの嘱託弁護士または、事務員に確認してください。
http://www.jcstad.or.jp/(交通事故紛争処理センター)

補足につき
症状固定後は、慰謝料や治療費の請求は一切できません。
しかし、現在も通院しているいう事実は、慰謝料等の増額要素にはなるしょう。

大変だと思いますが、頑張ってください。
以上です。

尼崎市(大阪)の交通事故・後遺障害専門の行政書士が回答致しました。

参考HP
http://jiko110.org
http://mutiuti110.jp

アバター

質問した人からのコメント

2011/11/8 23:09:37

成功 アドバイス、ありがとうございます。 骨棘が脊髄を若干圧迫していたり画像所見はあるのはあるのですが、事故との因果関係上、労災でも12級の認定は難しいかもしれませんね。 このまま示談とし、一文を加えて頂きたいと思います。

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 全国対応・毎月3名 限定無料キャンペーン! 後遺障害・異議申立の等級認定の可能性を無料判断 □ 傷みやしびれ等が残っているけど、申請すれば後遺症に認定される? □ 等級の認定結果が非該当だった、なんで認定されないの? やむち打ち症状...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jik********さん

編集あり2011/11/308:23:38

> ◆そこで、お伺いしたいのですが…
> 今後どう進めていけばよいのでしょうか?

紛センでの手続きは一時中断します。
場合によっては一旦取り下げるように言われるかもしれません。
担当弁護士と相談して対応してください。

先に示談してしまうことは出来ません。

> ◆自賠責と労災の後遺障害に差が生じた時、
> 示談後に改めて自賠責に異議申し立てをすれば良いのでしょうか?

異議申立するかどうかを決めてからの示談となります。
異議申立するのであれば示談は保留です。

> ◆また、示談に当たって注意すべきことはございますでしょうか?

示談に当たってというよりも、
示談は後遺障害認定等級を確定させてからです。

ですが労災で12級になったとしても、
その結果をもって自賠責が労災判断に追随するわけではありません。

むしろ最近の傾向としては、
労災判断にはあえて背を向ける傾向が強いです。

自賠責と労災は制度の趣旨や認定主体も異なり・・
云々の理由にて、労災の結果は吟味すらしない。
これが最近の自賠責調査事務所のトレンドです。

労災の結果は結果のみでは何の役にも立たず、
それだけでは資料として「見てももらえない」と思っておくべきです。

ただ、症状の内容の詳細がわかりませんが、
この文面を読む限りでは、
症状の内容は「首と肩の痛み」のみのような印象です。

その内容であれば労災でも12級にはなりません。
それだけの症状であれば14級止まりです。

交通事故被害者支援専門 植山行政書士事務所 植山 保

【追記】
異議申立することを隠して、
先に示談することを推奨する意見がありますが、
まぁ考え方は人それぞれですが、
私はあまりお勧めしませんけどね。

後遺障害部分が12級と14級では、
後遺障害部分を除く慰謝料の算出にも影響することがあります。

当然、12級と判断された場合のほうが、
怪我自体がより重篤だったと判断されるわけで、
そうすると傷害慰謝料も違ってくる可能性があるわけです。

だから等級が変わる可能性があるなら、
先に示談してしまうより、等級が確定してから示談したほうが、
質問者さんにとって有利になるはずです。

もし当座の資金難によって、
当座の現金を確保したい目的で
そういう意味で先に示談をと考えているのであれば、
そういう行動に出るより、
14級に対する自賠責の75万を
直接相手自賠責へ被害者請求し、
その部分を先に取っておくという手段が取れますから、
そういう対応にてやり過ごすほうが合理的です。

一般にあまり行なわれない手続きですが、
後遺障害申請自体を事前認定で行なった場合でも、
その事前認定に対する等級認定結果を添えて、
自賠責の請求書類を相手自賠責へ送れば、
既に等級は確定していますから、
2週間程度で75万は無条件に振り込まれるのです。

当座の資金難ならそうして対応するほうが
先に示談をしてしまうよりは賢明な選択と言えるでしょう。

ただし質問者さんのケースに限定して言えば、
12級に認定される可能性は低いような印象ですから、
まずはその判断を先にしてしまうほうが、
より早い解決を目指すなら良いと思いますけどね。

たぶん12級の認定の余地はない内容だと思いますので・・。

ですが、知恵袋では、
回答内容を単純に質問者さんだけが利用するのではなく、
他の多くの閲覧者も参考にされていると思いますから、
そういう意味で追記しておきました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる