ここから本文です

夏目漱石が書いた、吾輩は猫であるや文鳥や坊ちゃんのような、笑える要素を含んだ...

nek********さん

2011/11/815:41:17

夏目漱石が書いた、吾輩は猫であるや文鳥や坊ちゃんのような、笑える要素を含んだ日本文学の名作を教えてください。

補足:できれば明治ごろの作品でお願いします。

閲覧数:
257
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2011/11/919:53:04

太宰治「御伽草紙」「親友交歓」
三島由紀夫「卵」

昭和で、すいません。

質問した人からのコメント

2011/11/9 20:02:23

先ほども回答していただき、ありがとうございます。私が抱いていた太宰治と三島由紀夫のイメージでは、このような要素を含む作品とは無縁だと偏見を抱いていたため、以外であると思いました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる