3月11日 東北地方太平洋沖地震での揺れ自体の被害

地震299閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすい回答をたくさんいただけて、とても参考になりました。 皆さん本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/11/10 19:39

その他の回答(8件)

0

間違いではないと思います。 新潟中越地震はご記憶にございますでしょうか? この地震は、阪神と同じ直下型でしかも最大応答加速度も大きかったのに、被害が小さかったのは何故か?土木技術者の間では、阪神以降に定められた耐震設計規準の見直しによるものが一番大きいとの結論に至り、既存構造物に関しても耐震補強工事を進めました。今回もその成果が大きいと感じます。中越地震を通して問題となった地震による土砂災害はそのままとなり、今回も同様の被害が出ていることは痛ましい限りです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

間違いでしょうね。 東北地方太平洋沖地震と阪神淡路大震災を比べる自体が間違いです。 建物の密集度・人口の密集度がまったく違います。 それを無視して比べるなんてアホ・馬鹿ですか。

0

なぜ少ないと認識したのですか?????? その根拠は?????? 結論をいうと、あなたの認識は間違いです。 地震そのものでいうなら、 阪神淡路大震災のときの焼死者をはぶかなくてはならなくなります。 (地震後の火災でなくなられた方) 付け加え 阪神淡路大震災のときの瓦礫とうで圧死者のうち即死以外もはぶくひつようがありますね。

0

宮城県の被災地の人から聞いた話ですが、ここ10年位宮城県では震度6の地震が何度か起きていたので、今回の震災までに地震弱い建物はほぼ一掃されていたとのことです。 ただこれは全体に言える話ではありません。 それと対照的に福島県では、震源からの距離の割には建物の被害が出ているところが多いですよ。 震災を機に不通になった道路橋や鉄道橋の中には、津波ではなく地震の揺れで橋脚が破損したところも多いです。

0

一応、宮城県沖地震がもうすぐ必ず来るって繰り返しテレビで取り上げられていて、結構対策も進んでいたから揺れに関する被害はかなり少なくて済みましたよ。 うちは震度6強で皿5枚が割れたのと本棚から10冊程度落ちたくらいで済みました。 だから、あなたの認識は間違って無いと思います。備えあれば憂いなしって事なんじゃないでしょうか。