ここから本文です

京都の人は、先祖が応仁の乱以降から京都に住んでいる人は、本当の京都人と認めら...

mor********さん

2011/11/1611:23:31

京都の人は、先祖が応仁の乱以降から京都に住んでいる人は、本当の京都人と認められていないと聞いたのですが本当ですか?

補足あ、聞いたのは京都のばあちゃんからです。

閲覧数:
857
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jpo********さん

編集あり2011/11/1709:23:49

そんな古い話なんかはしません^^
京都の住めば京都人。

質問に何か裏が有るの・・・・・・匂うね^^


結論・・・・馬鹿げた話

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

松岡さん

2011/11/1904:16:44

うーん。
京都に4年住んだ経験がありますが、そこまで厳しく京都人を限定する人はあまり多くはないと思います。
江戸時代から住んでいれば、よそ者扱いされることは少ないと思います。

cha********さん

2011/11/1721:54:28

学生の時の先生は京都出身でした。先生いわく、それなりの京都の家の人は。鎌倉(時代)以前からの家柄だとか。鎌倉時代より後に京都に住んでる人は、新参者といわれてるんだよ、と話してました。もちろん、先生のお宅も鎌倉よりも昔から、京都にいらっしゃるそうです。先生のお父さま等の言う「この間の戦争は」というのは、第二次世界大戦とかではなく、応仁の乱の事だそうです。京都出身の別の知り合いのお父さまも、先の戦=応仁の乱 だそうで、いったい京都の人ってどんな時間感覚なんだろうと思いました。

aimimamiさん

2011/11/1621:44:35

誰に聞いたのでしょう 聞いた人に答えて貰って下さい。
うわさ話を流す人でしょうか。
それ以前 先土器から人が住み始め 古墳時代から神武皇后に使えていた人の末裔が 今もいますから。
大陸からきた 秦一族が 飛鳥以前から京都にいました。
奈良から京都に遷都した時 天皇家と藤原家が京都に来ました。それから百年 田舎のガードマンだった平氏や源氏が台頭して街を治めましたが 町中には 娘などを嫁がせないと 入れません 御所に上がるなどもってのほかでした。
応仁の乱は京都が丸焼けとなり 地方に逃げていった物が多く 納まるとまた戻ってきて 住み始めました。
そのころの人が今の老舗を作ったのです。
江戸時代 京都の街が賑わい 地方からでてきて お店を開く人がでてきました。美濃からでてきた 吉兵衛さんで美濃吉 というような屋号がつきました。
まぁ江戸時代の終わり頃に京都にきた人は 京都人として認知されないといえるでしょう。
応仁の乱ではありません。

2011/11/1613:24:33

西陣などに家がある(町家として)、華道などの名を残す何かが

ないと京都人とは言えないとか、

おじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、か生粋の京都人でないと

いけないとか、、、いろいろ言われはあります。

私は広島から嫁に来て10年ですが、姑に(信州から嫁に来て50年)

あんたは一生京都人にはなれへんわ!!!と、二言目には言います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる