ここから本文です

基礎研究するなら医学部?理学部?工学部? 医学の基礎研究をしたいと思う浪人で...

fib********さん

2011/11/2223:04:11

基礎研究するなら医学部?理学部?工学部?
医学の基礎研究をしたいと思う浪人です。
1.医学部で得た医師免許は、基礎研究では紙屑ですか?それとも有利になりますか?研修だけやって臨床をほとんどしてない人間が患者から細胞などを取ってくることはできるのですか?(社会医学や臨床研究では医師免許は必要ですが)
2.6年制で研修もある医学部では理学部や工学部よりも研究にありつけるのに遅れをとりますが、不利になりますか?
3.医学部で習うけど、理学部や工学部で習わないことで基礎研究に有利なものはありますか?
4.医学部卒では理学部、工学部卒より研究に必要な思考力が鍛えられていませんか?
5.理学部と工学部では、後に基礎研究するにあたって、差はどこに生まれますか?
6.総合的に見てどの学部が医学の基礎研究をするのに向いてますか?

以上を具体的に説明して下さい。基礎研究の分野によって多様な場合は、具体例を複数示して説明して下さい。

閲覧数:
16,328
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iga********さん

2011/11/2317:36:23

国立大学医学部教授(基礎系)です。基礎医学研究をするには医学部出身がきわめて有利です。
1.医学部で得た医師免許は、基礎研究では紙屑ですか?
医師免許はきわめて貴重です。今、医師免許をもっている基礎研究者がものすごく減っています。医学部にはたとえ基礎医学であろうとも医師免許をもつ教員が必要です。最近は、臨床チュートリアルにも駆り出されます。基礎医学も臨床との関連で教えます。5~6年生から将来の相談も受けます。医学部の教授だといろいろ病気の相談も受けます。医学教育を受けた医師であればこそ、十分な対応が可能になります。しかも医師免許があれば、臨床のアルバイトができます。実際、私は今、一般の病院に日直のアルバイトに来ています(大学の許可を得てです)。臨床をすることで常に患者さんのことを念頭において研究をすることができます。医師であれば、もちろん患者から細胞をとることは問題ありません。

2.6年制で研修もある医学部では理学部や工学部よりも研究にありつけるのに遅れをとりますが、不利になりますか?
それ以上に大きなメリットがあります。

3.医学部で習うけど、理学部や工学部で習わないことで基礎研究に有利なものはありますか?
さまざまな病気の知識、実際に患者さんを診る経験は基礎研究を行う上でも大変有利です。

4.医学部卒では理学部、工学部卒より研究に必要な思考力が鍛えられていませんか?
それはそうかもしれません。ハンディはありますのでがんばらなければいけないのは当然です。5はスキップします。

6.総合的に見てどの学部が医学の基礎研究をするのに向いてますか?
医学部です。東大、京大の医学部以外の学部を出ても助教にさえなれない人はたくさんいます。そのとき転職しようとしても、きわめて厳しい状況です。基礎医学のポストの多くは医学部で、医師免許をもつ教員をもとめています。しかし現在、一度臨床に出てから戻る人を入れても全医学生の1%以下しか基礎研究に進みません。基礎研究に進んだ医師も、向いていないと気付くと臨床医に転向します。その場合、もちろん収入は大きく増えます。そのまま続けた基礎研究医の多くは教授などの研究室の主任になることができます。研究は自分の研究室をもってはじめて一人前で、そこから自分の独創的な研究として評価されます。その位置にたつには医学部出身者がきわめて有利です。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

two********さん

編集あり2011/11/2322:50:21

製薬会社などでの研究職は工学部や理学部で修士というのがよいと思います。しかし、医学部の大学教員だともちろん病理学、法医学は教授が医師でないといけませんし、解剖学などでも医師が有利です。医学部は医師が有利なように人員配置ルールを作っていますし、工学部や理学部で資格なしで教育研究員になるのは競争が熾烈ですから医師であるほうが基礎系統でもポストが得やすいと思います。医学部は6年終了時に国家試験を受けて資格を取る事になるので基礎系で研究したい場合で臨床はしないと決めている場合は卒後研修しなくてよい。すると工学部や理学部より博士課程に入るのが遅れる事はないでしょう。医学部の教育研究員は医師であることが有利ですが、医学部は医師養成教育機関であり、基礎系統でも臨床医学との関連や医学教育全体像の理解力などから医学部出身者を優遇する名目にもなっています。例えば歯学部でも臨床医学は基礎と結びつきが深いですが、他学部出身者でも基礎系を教授している事もあり、医学部より他学部出身者への差別が少ない。他学部出身の基礎の教員は自分なりに歯科医学や国家試験の中での自分の分野の位置付けを勉強して、役割は果たせているように思いますが、医学部の場合はアカポス人気も高く、医師の特権性維持やプライド意識の見せつけのための口実が「医学教育の全体像の理解」という言説になっている。医学部に入るのが偏差値的に無理な場合、獣医学部や歯学部出身でもやや有利であるし、自分の出身学部だと資格に守られて他学部よりポストにもつきやすい。そのほか、生化学、薬理学、微生物学、生理学は他学部出身でもポストにはつけて、教授に登りつくのが法医学や病理学のように無理ではないですが、医学部出身者が優遇されます。医学部は医学部や医師が一番偉いという縄張り、権益意識で上位ポストを医学部出身者で固める傾向にあります。

2011/11/2308:16:15

医師にならずに医学の基礎研究を希望するなら、学部(理学部生物学科、工学部生物工学科、農学部等)卒業後に、大学院医科学研究科修士課程に進学した方がよいでしょう。

医科学研究科修士課程は学部組織を持たない大学が多いのですが、九州大や鳥取大医学部にある生命科学科のように学部組織のある大学もあります。

isn********さん

2011/11/2223:27:48

現在、工学部の4年生です。

一口に基礎研究と言っても何の基礎研究がしたいのかでどの学科を選ぶべきかは変わると思います。

例えば薬の基礎研究がしたいのなら工学部の化学系の学科に進学すべきだし、臨床研究なら医学部への進学が必要です。


医学部は6年制ですから工学部や理学部に比べて就職が遅れる印象がありますが、工学部や理学部でも大卒で研究職に就くのはとても難しく大学院に進学する人がほとんどなので結局6年制と変わりません。


私は工学部の化学系の学科にいますが、理学部や医学部の講義内容は知らないのでどんな差があるかは分かりません。
ただ工学部では人間の体の仕組みや構造、病気については一切学びません。
化学系の学科の中でさらに物質系と生物系に別れており、生物系に進めば細胞の構造やDNAについて学ぶようです。
卒業研究も医学的なものに近く、インフルエンザの簡易検査の新規開拓や、アトピーやアレルギーを治す新薬の開発などの研究が行われています。

物質系に進むと医学の中でも分野が変わり、例えば体内に入れても拒絶反応が起きない材料の開発(人工間接などに用いる)や、薬が患部でのみ散布するようなカプセルの材料の開発など、医療材料の開発に有利な卒業研究が多くなります。


しかし、このように医学に関係ある研究を行っている研究室は1つ2つしかなく、希望研究室に配属されなかった場合全く興味のない分野の研究を卒業研究として行わなければならないリスクがあるので気をつけてください。


答えになってないかもしれませんが、どの学部に進学すべきかはあなたがどの分野の研究をしたいかで変わります。
なので希望大学のHPでどの学部にどんな研究室があるのかを調べ、希望研究室がある学部・学科を受験するべきだと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる