ここから本文です

交通事故で相手があり10対0の事故ですが、保健屋は信用出来ないとの事で労災で病院...

hit********さん

2011/11/2702:07:58

交通事故で相手があり10対0の事故ですが、保健屋は信用出来ないとの事で労災で病院にかかってます。今はあま市に住んでおり、また引っ越して半年のあまりの知らない場所だと言う事もあり、町医

者にかかってますが、その町医者は(うちでやってあげられる事は緩和治療しかないので)と言います。私は41歳、頸椎ヘルニアで神経根圧迫だそうですが、それも知恵袋で神経根圧迫はあるか、脊髄圧迫はあるか、聞きなさいとアドバイス頂き、ヘルニアとしか言わない町医者に自分の方から聞き、神経根圧迫はあるとしぶしぶという感じで言われました。私の症状は左肩、肩甲骨が息を吸うと針を刺したように痛いのと打撲だけのはずの左肘が動かしたり、肘をつくと痛い、また左手で受話器などを持つと中指から小指にかけて触った感覚が無くなるほど痺れ、全て左です。ちなみに事故は相手が車で私は自転車、左側に地面に叩きつけられました。今の医師は保健屋との間の自分の保身しか考えておらず、電気治療のみでうちみたいな開業医では緩和治療しか出来ないと言います。私はやれるだけの治療をし、それで後遺症が残った場合は仕方ないと考えてますが、女一人で生きていくのに治るものなら治したいと考えてます。そこで愛知県で中部労災病院の整形外科医が名医だとスマホで調べました。遠くても身体あっての自分なのでもし本当に頸椎ヘルニアに精通した名医ならそこに転院して見てもらいたいと思いますが、中部労災病院に頸椎ヘルニアの神経根圧迫でどなたか治療をなさった方みえませんか?労災書類も転院の度書かなくてはなりません。良い医師を求めて治療するのは患者の当然の権利だと思いますが、転院ばかり繰り返すと事故ですので嫌な事も言われます。事故の医師選びは後遺症が残った場合でも保健屋の圧力などに負けず公正に診断治療してくれる医師が大切だと知りました。転院したはいいけれどまた同じでも困りますのでどなたか愛知県中部労災病院で頸椎ヘルニアを治療した方みえますか?保健屋の圧力になど負けず公正な判断、治療をしてくれる医師選びを求めております。我が家は田舎ですが駅から近く、病院が駅から近ければ名古屋まで通うのは構いません。中部労災病院でなくても、後遺症が残った場合も含めて保健屋の圧力になど屈せず医師として患者の立場になって治療をしてくれる医師を教えて下さい。宜しくお願いします。

補足麻酔外来を視野に入れて病院探ししてますが、病院変わる度労災には嫌みも言われます。できれば一つの病院で頸椎の診断を受け、麻酔科の受信が必要ならそこに院内で回して頂けるのが理想です。あっちの病院、こっちの病院とかかればそのたびに労災の用紙に会社の捺印が必要ですので。

閲覧数:
1,428
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jik********さん

2011/11/2912:36:27

以前も指摘したかと思いますし、
他の回答者からも指摘されているようですが、
その受傷形態から考えても、
頚椎ヘルニアよりもまず先に
外傷性胸郭出口症候群を強く疑うべきでしょうね。

ヘルニアはどの医師でも容易に指摘できますが、
胸郭出口症候群を指摘できる医師は希少です。

ヘルニアを指摘できるからといって、
その医師が胸郭出口症候群を指摘できるとは限りません。

しかし胸郭出口症候群を指摘できる医師なら、
ヘルニアによる症状なのであればその指摘は当然可能です。

つまり胸郭出口症候群の指摘可能な医師を頼らないと、
誤診されたまま必要のない手術を受ける可能性が高く、
そうなった場合には手術を受けたことを後から後悔しても、
その後悔は取り返しのつかないものになる。

だから指摘しているのですよ。
主治医がヘルニアによる神経根圧迫だと言うからと、
その主治医のコメントを過剰に信用しているようですが、
信用できるならその医師を頼れば良いわけですよね?

でも信用できないからこうして知恵袋で質問している。

であれば頭を一度リセットして、
その診断に疑問を持つことから再スタートしないと、
ご自身の体にメスを入れてから後悔しても遅いのですよ。

名古屋近辺であれば、
名古屋大の脳神経外科というのも選択肢としてアリでしょう。
ここなら過去に私の相談者のケースで、
外傷性胸郭出口症候群を指摘した医師がいたことがあります。

ただしあくまで医師の選別は「医師単位」です。
病院単位で医師選びをするのはナンセンスです。

特に外傷性胸郭出口症候群(TTOS)では、
その診断スキルのある医師は希少です。
かなり狭き門を適切に動けないと、
適切な診断・治療には至りません。

ただし名古屋に限定して医師選びをする限りでは、
診断はついても治療の選択肢は限られます。
手術療法かブロック療法くらいしかないかもしれません。

本当に効果的なのは専門的な理学療法です。
その選択肢は全国的にも数少ないですから、
ご自身がその選択肢にどこまで遠方を含められるか、
それが困難であれば医療の選択肢には「妥協」が必要になります。

いずれにしろ、
外傷性胸郭出口症候群の鑑別診断は、
この内容では必須であって、
それを外して行動すれば、
後々になって後悔する可能性が極めて高いと指摘しておきます。

交通事故被害者支援専門 植山行政書士事務所 植山 保

質問した人からのコメント

2011/11/29 14:39:23

すみません。ありがとうございました。胸郭出口症候群検査を受けてみたいと思います。なかなか胸郭出口症候群の検査を受けたいと言っても……という感じですが。なんとか受けてみたいと思います。皆さん、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sam********さん

編集あり2011/11/2914:28:28

貴方は何を使って通院しているのでしょうか?第三者行為で労災事案で今治療しているのです。中部労災は労災被害者の味方なんて思っていたら痛い目にあいますよ。

そして中部労災は貴方程度と言っては語弊がありますが、患者は相手にはしません。彼らのヘルニアの神経症状の判断基準は、あくまでも脊髄若しくは神経根に高信号病変があり、かつ排尿障害まで出ている患者が術式適応で、それ以外はリハビリ対応、名城と同じ感覚です。

中部労災は加藤文彦ですが、名医だと評判は高いものの、私自身彼の術式を受けた患者を数名知っていますが、全て可動域制限を顕著に残しており、言うほどの医師ではありません。医療界で名医というのはえてして作られた偶像であることが多いのです。

また彼に、労災障害認定で苦しめられた労災患者は沢山知っています。脊髄損傷で完全麻痺に近い重篤な被害者は中部労災が選択肢ですが、貴方の様な患者が選択すべき治療期間ではありません。

追記

どうやら知恵袋の質問回答では貴方には無理があります、下記の植山さんなら数少ない任せてもいい行政書士だと思います。一度受任依頼されて、実質上のアドバイスを受けて行動されることをお勧めします。

jin********さん

編集あり2011/11/2711:25:33

麻酔外来を探して下さい 補足 労基には、お前は診断してるのか?ふざけてると厚生省に言うぞと脅します

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる