ここから本文です

私は80歳も過ぎた、高齢なのですが、今回市の健診で肺繊維症とのことで、精密検査...

aki********さん

2011/12/206:43:30

私は80歳も過ぎた、高齢なのですが、今回市の健診で肺繊維症とのことで、精密検査を受けるようにといわれて、
レントゲン、CT検査の結果間質性肺炎と云う事で、長年飲んでいるリユウマチの薬の副作用かもと、それ

だと序じょに進んで5年から10年以上生きる人もいるけど原因のわからぬ特発性のものだと、風邪をひいて数週間で死ぬ人もいるといわれ、肺の繊維化は進みはしても決して治ることは無いと医者はいいます現在、ひとつ出来ている薬も今の段階では副作用のほうがきついので、飲まないほうがいいと云われ、仕方ありませんので、体にいいと言われている、プロポリスを飲んでいるのですが、凄い渋で湯のみはもちろん喉もヒリヒリします顔にうっすら痣の様な物も出来てまあこれは歳のせいで関係ないことでしょうが、このまま飲み続けていいものだろうかとおもったり、ローヤルゼリーのほうがいいかなと思ったりしています、馬鹿みたいな事質問して本当にボケてんのとちがうかとも思っておられるでしょうが、なんでもいいのでアドバイスいただけたらと思ってながながとすみませんでした なを、医者は、そんなもんどっちのんでも、気休めに過ぎんといいます

閲覧数:
1,248
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuk********さん

2011/12/421:15:31

治療法によって、酸素投与や薬剤ではステロイド(副腎皮質ホルモン)を用いることがおおく、それは長期間の使用になります。
特発性間質性肺炎においては、ステロイド剤の効果が見込めるものについては、ステロイド剤により病状の進行をとめる、または改善させる治療を行います。間質性肺炎の炎症に対して最も効果が期待できるのが、ステロイド剤なのです。
ただし、副作用も多くありますので、治療を考えるときには治療効果と副作用とのバランスを常に考える必要があります。
しかし、間質性肺炎には、ステロイドによる治療効果が悪いものもあります。病状が急速に悪化していない場合は、むしろステロイド剤を使用しないほうがいいでしょう。在宅酸素療法により治療を行い、経過を見た方が良い場合もあるようです。
病原体の感染で、肺の組織に炎症が起きる病気。
感染性の肺炎と非感染性の肺炎があります。
感染性では、呼吸の際に吸い込んだ感染源による細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、心筋性肺炎。
非感染性では、薬剤性肺炎、アレルギー性肺炎などがあります。
一つの例として肺炎の進行を細菌性肺炎で説明すると、はじめは頭痛・喉の痛み・鼻水・鼻づまり・咳と いったかぜの症状から始まります。
そして高熱が続きはじめ、咳、痰、呼吸困難、胸の痛み、顔面紅潮(がんめんこうちょう)、 チアノーゼ(唇や爪が青黒くなる)などの症状が現れます。
しかし、高齢者の場合には、あまり激しい症状が出ないこともあり、気がついたときには悪化していたということもあります。

質問した人からのコメント

2011/12/8 17:58:21

降参 いろいろと有難うございました

「プロポリス 副作用」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる