ここから本文です

マリファナは合法な国があるので分かるのですが、コカインとかヘロインの使用で立...

anx********さん

2011/12/301:08:41

マリファナは合法な国があるので分かるのですが、コカインとかヘロインの使用で立件される芸能人ではない人はどのように手に入れているのでしょう?
不思議でなりません。

補足普通そのバイヤーに接触することができないのではないのでしょうか?

何らかのアクションを起こすのですか?

閲覧数:
599
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

編集あり2011/12/301:40:12

別に、暴力団絡みでなくとも、手に入れようと思えば手に入れられるみたいですよ。

例えば、外国人のバイヤーなんかに接触して、彼らから直接買う方法。
当然、これも違法なんですが、外国人バイヤーは不法入国者であることも多く、ヤバくなれば自国にトンズラすればいいと思っている人間が多いので、金さえ払えば誰にでも売ります。
酷いのになると、小学生相手に麻薬を売る輩までいるみたいですね。
また、こういった外国人犯罪者の動きにはヤクザも目を光らせており、水面下で対立しているみたいです。

その他のルートとして警察などが警戒しているのは、外国人から日本のバイヤーが麻薬を手に入れ、それをヤクザや一般市民に売る方法。
要は、麻薬の問屋みたいな仕事で、大規模な麻薬流通ルートを持たないチンピラは、この手の輩から入手することもあるようです。
入手先は大抵半島経由で……例えば、沖縄から漁船で国境付近まで出て、海上に浮いている麻薬の袋を回収するなんていう、一種の≪貿易≫やってるみたいですね。
ちなみに、日本側からの≪輸出品≫は、そのほとんどが盗難車だと言われています。


麻薬の流通ルートって、我々が思っている以上に身近にあり、それだけに危険性も高いものだと言えるでしょう。
薬物に対する正しい知識を持たず、安易な気持ちで入手しようとすれば……後は、破滅が待っているだけです。
そして、その破滅の足音は、実は我々の直ぐ隣で、いつでも闇の誘惑に堕ちるのを待ち構えているのかもしれません。


【補足】
バイヤーに関しては、既に彼らと繋がりのあるチンピラ(正式なヤクザではなく、その手下みたいな無職野郎)から紹介してもらうような形が多いみたいです。
その他のバイヤーに関しても、大概は知人の紹介というのが多いようですね。

例えば、Aさんの友人のBさんが暴力団関係者で、その人がAさんにバイヤーを紹介したとします。
で、今度はそのAさんが、暴力団とは無関係なCさんにバイヤーを紹介し、だんだんと悪の輪が広がってゆくという構図です。
Cさんは、一見して暴力団関係者との付き合いがないように見えて、実は友人のAさんが暴力団と繋がっていたというわけです。

外国人バイヤーに関しては……彼らと接触できるような場所は決まっているようですが、暴力団とは反目している関係からか、別ルートで紹介してもらうか、向こうがたまたま声をかけてきたため、道を踏み外してしまうってのが多いんじゃないでしょうか?
暴力団とは商売敵みたいな部分があるため、彼らの作っている外国人コミュニティの中に入らなければ、たぶん紹介もないんでしょうけど……。

また、個人的に密売やっているようなチンピラは、必ずグループで行動しています。
そのため、犯罪者の師匠の様な人間が必ずいて、その人間が部下に犯罪のやり方を教えています。
一般社会からはみ出して、ヤンキーを経て彼らの仲間に入った者が、次の密売人になってゆくという負のスパイラルですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「コカイン 合法国」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

spi********さん

2011/12/923:02:30

>はどのように手に入れているのでしょう?
>普通そのバイヤーに接触することができないのではないのでしょうか?

>何らかのアクションを起こすのですか?


簡単な話です。”やってる人”さえ見つけられれば、世界中どこだって手に入ります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる