ここから本文です

【今週中にお願いします】言語学専攻について

mud********さん

2011/12/802:01:32

【今週中にお願いします】言語学専攻について

同じような質問を以前したのですが、少し言葉を変えてまた質問させてください。

現在人文学部に所属しているものです。

大学で専攻を決める時が迫ってきました。
英語学かドイツ語学でとても迷っています。
就職のことを考えると英語学習を止めてしまうのは大変なのかも、
と思う反面、大学でドイツ語を学び始めてとても興味が湧いたので、
せっかくだからやってみたいかも、という考えもあります。

国の文化面について言えば、私は中世ヨーロッパの歴史やヨーロッパの建築様式の方が好きですし、
グリム童話も好きです。魔女云々についてもドイツは歴史がありそうですし。

なので興味からいうとおそらくドイツなのです。
英語学は認知言語学専門の教授だそうで、正直それに関心は湧きませんでした。
ただ、プレゼンの多さや英語で行われる授業(プレゼン含め)があるということで、
そういった社会で役立ちそうなスキルは、他のどのコースよりもすごく身につくらしいです。

やりたいことを学習するのがいちばんいい、とよく言われますが
それと同時に、英語とPCが出来ないと今の社会じゃやってけないよ、とかも言われたりしました。

ちなみにどちらに行ってもその言語が流暢に話せるようになるわけではないということは理解しています。
私が英語に興味があったのは、コミュニケーション手段として、です。
それだったら、会社に入ってから会話学校に行って学ぶという形でも補えるのでしょうか。

自分が英語「学」で何を学んでいきたいのか分からなくなってきてしまいました。
ドイツ語学なんて将来性がないとか、アカデミックな内容の卒論が書けるまでの理解にはならないだろうとかいう意見も頂きました。

しかし、私は別にドイツを専門にした職に就きたいとかは考えていません。
英語の必要性は感じていますし話せるようになりたいという希望もありますが、
留学するなら英語圏がいいなというくらいです。

ある人には以上のようなことを言ったら「心の中ではもうドイツ語学に決まってるんじゃない?」、
「就職に何の言語を専門的にやってきたかなんて関係ないよ、どういう人間関係を築いて取り組んだかが重要だよ」
と言われました。心では決まってるんでしょうか… もう自分の考えてることすら理解できなくなりそうです…

大学における語学学習に詳しい方、また、実際の経験談、意見などあればぜひ教えてください。
長文失礼いたしました。

閲覧数:
413
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2011/12/812:48:35

結局あなたは真剣に取り組むことから逃げているんですよ。そんな人に何を言ってもムダ。でも言いますけど。

・ドイツに興味はある→私は別にドイツを専門にした職に就きたいとかは考えていません。

・英語の必要性は感じていますし話せるようになりたいという希望もあります→認知言語学専門の教授だそうで、正直それに関心は湧きませんでした、留学するなら英語圏がいいなというくらいです。

こういう人は何をやっても結局言い訳ばかりでダメ。だって、英語が本気で必要なら、例え認知言語学に興味が無くても、そこに行くしかないじゃないですか?ドイツ語のレベルが低くて研究のレベルが上がらないなら、他の方法でドイツ語を補えばいいじゃないですか。それなのに「会社に入ってから会話学校に行って学ぶという形でも補えるのでしょうか。」と、まだ1年なのにいきなり逃げているのがダメ。「正直それに関心は湧きませんでした」と人のせいにしているのがダメ。

結局あなたは最後は、大学がダメ、今の世間がダメ。(でも自分は悪くない)、となるのは目に見えています。

>「就職に何の言語を専門的にやってきたかなんて関係ないよ、どういう人間関係を築いて取り組んだかが重要だよ」

これは一面では真理ですが、役に立つ立たないに関わらず、何かをとことんやり遂げた、ということは、あなたが就職する時に「自信」となって表れます。逆にあなたのように他の何かに責任を転嫁して、結局何もやり遂げず、でも一応英語とPCはできます、なんて人は、就職でも相手にされないでしょう。

今のあなたにとって必要なことは、何をするかではなく、何かをとことんまでやり遂げる姿勢です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kir********さん

2011/12/817:45:02

「興味からいうとおそらくドイツ」であり、「どちらに行ってもその言語が流暢に話せるようになるわけではないということは理解して」おられるのであれば、ドイツ語学を専攻してコミュニケーション手段としての英語の学習もお続けになれば済む話ではないでしょうか。

「ドイツ語学」と「英語」の二つを学び続けることは時間的・労力的にきついとあるいはお考えになるかもしれませんが、言語に関係のない他専攻・他学部の学生たちの多くも専攻の学習とともに就職に向けた英語の勉強も続けているわけであり、それに比べて不利な状況になるはずはないと思います。

kaw********さん

2011/12/802:28:17

わたしは、経済系の大学を卒業しましたが、
英語が好きで、ESSなどの活動や
自分でもこつこつと勉強して、
英検1級、通訳ガイド業試験に
合格しました。
就職では大変役にたちました、
というか、そのおかげで英語をいかした
仕事につきました。
わたしの経験では、英語が”使える”のと
大学での専攻はまったく関係は
ないと思います。
それと、大学での勉強も大変かも
しれませんが、会話などは、
充分並行してやれると思います。
わたしは、第二外国語で
フランス語を二年習いましたが、
かなりのレベルまでいきました。
やはりフランス語が好きになり、
同じクラスのともだちと
ふざけながらフランス語でしゃべっていたら
結構会話もできるようになりました。
すべては、本人の興味、やる気、そして
素質だと思います。
言語を学問としてとらえるのと、
実用のなための道具ととらえるのとでは、
ずいぶん違うと思いますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる