ここから本文です

有機化合物が非電解質のものが多いのは何故ですか?

tub********さん

2011/12/923:38:19

有機化合物が非電解質のものが多いのは何故ですか?

炭素は電気を良く通す、と習ったはずなのですが・・・

有機化合物って炭素を含む化合物なのに何故でしょうか?

閲覧数:
1,785
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tar********さん

2011/12/923:47:26

炭素がよく電気を通すのは黒鉛のときのみです。なぜ電気を通すのかというと炭素には4つの価電子があり、そのうちの3つしか結合に使われていないからなんです。これが層状の形になる理由です。この残りの一つの電子が金属で言う自由電子の役割をして電気を通す仕組みになるわけです。
それに対して有機化合物の炭素は4つの価電子をすべて結合に使ってしまっているので黒鉛のようにあまりの電子が出てこなくなってしまい電気を通さないということになり、非電解質になります。

質問した人からのコメント

2011/12/16 17:22:25

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cai********さん

編集あり2011/12/1106:30:48

炭素が、固体の黒鉛として電気を通すのと、
電解質となって、その水溶液が、電気を通すのとは、別です。

要は、イオンに成れるか、成れないかで、
有機物は、CONHの集まりなので、イオンに成りやすいのは、
電子の綱引き上、Cは周期表の中央なので、イオン化の力がなく、
Oが頑張ったとき(有機酸やフェノールなど)と、
Nがすごく頑張ったとき(アンモニューム系)です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる