ここから本文です

旧山洋証券の16bit MSW というホームトレードというシステムが、23年前の89年ごろ...

pen********さん

2011/12/1008:41:05

旧山洋証券の16bit MSW というホームトレードというシステムが、23年前の89年ごろから
存在したと知って驚きましたが、
これは何なんでしょうか?
現在のインターネット回線の様なものが、当時に存在していたわけがなく
デイトレができるわけありません。
使っていた人は、ADSLの様に電話端子につないでやっていたのですか?
昭和から平成に代わる時代、すでにインターネットが
一部の人とはいえ、すでに存在していたのに、
驚いています。

閲覧数:
392
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/12/1018:49:53

日興證券(日興コーデアルになる前身)で任天堂のファミリーコンピュータ(スーパーファミコンの前身)のカッセットを入れる所に日興證券で買ってきたカセットの上に20cm角、厚さ1cmくらいの箱の付いたものを取り付け電話回線に接続(回線はファミコンの上の箱に接続用と、受話器回線取り出し用のジャックがあり)株の売買をしていました。
日興證券の指示通り、電話局に電話して**(名称は忘れました)の回路を開いてくださいと連絡
費用は、回線開設手数料として500円位、その他使用料、維持費など、まったくありませんでした。

質問した人からのコメント

2011/12/16 22:11:02

降参 当時の貴重な体験談、ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uni********さん

2011/12/1010:32:46

当時はNTTが DDX-P や DDX-TP というネットワークを提供していましたので、おそらくそれを使っていたのだと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DDX-TP
野村證券のファミコントレードも同時期にありました。
DDX-TP は、今のインターネットから考えるととんでもなく低速・高額・不安定でした。

tat********さん

編集あり2011/12/1122:31:54

山洋証券なる会社が存在してましたか?三洋証券の間違いかと思いますが似たような取引手法としては昔のファミコン的な方法でお客がテレビ画面を通じて注文を発注して証券会社の取り扱い店がチェックして市場に発注していた時期は有りましたね。電話回線を利用した形でしたが、今のネット取引とは違い市場と直結してダイレクトに発注とは行かず一旦第三者が中に入る関係で受発注に時間差が生じる結果となりクレームの原因となりやすく衰退した記憶が有ります

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる