ここから本文です

総スカン、という言葉の起源と発明者、きっかけと語源を教えてください。

mys********さん

2011/12/1100:58:04

総スカン、という言葉の起源と発明者、きっかけと語源を教えてください。

閲覧数:
58,078
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rav********さん

2011/12/1107:10:04

「そうすかん(総好かん、総不好)」は、大阪地方の方言から来ています。
大勢の人たちから、総体的に好かれていない――という意味です。
ただし、どれぐらい古くからあった表現なのかは、よく分かっておりません。
文献上の初出例は、内田魯庵が1933年(昭和8年)に発表した『読書放浪』という随筆で、
「其(そ)の上に同じ滞留客を下目に見る尊大振りが鼻持ちならんので宿屋中の総スカンになった」
とあります。
とはいえ、もっと古くから使われていた可能性も否定できません。
……『日本国語大辞典』ほかより。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kar********さん

2011/12/1101:27:35

ソォスカン【総好かん】 万人に嫌われること。総てが好かない意。
(牧村史陽編「大阪ことば事典」)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる