ここから本文です

喫茶店ってランチとコーヒーだけで経営が成り立つのですか?

icb35208magicさん

2011/12/1115:15:14

喫茶店ってランチとコーヒーだけで経営が成り立つのですか?

閲覧数:
704
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

emosan00さん

2011/12/1203:13:54

単純にランチとコーヒーだけではありません。
サンドイッチやデザート、ジュース類や若干のお酒なども扱うのが普通です。

しかし、旧来の形態の喫茶店ではなかなか成り行かず
路線変更したり閉店したりするお店が多いです。

昔ながらの喫茶店で続けられるとしたら
自社ビルや自宅経営がほとんどではないでしょうか。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yoha3158bkさん

2011/12/1208:46:51

それだけでは、苦しいところだね。
個人経営の喫茶ならば、メーカーとのタイアップ、様々な公告収入狙いなどにより、支出・経費を減らし、収益を増やすように努力していますね。
コーヒーなどの価格も最低価格として350円とか、合わせて、サンドイッチとか、コーヒーゼリーとか、ケーキ類とか、オレンジジュースとかも置いたりね。
この辺りの価格設定が収支バランス上では、重要になるとは思うよ。無論、客数にも影響されますが。

ただ、今は、個人経営の喫茶店は、そんなに客数が見込めないから、厳しいですね。店数も減っていますし。
仮に、経営が成り立たないならば、閉店するのでしょうね。

一方、系列店でも、メインは200円以下の「ブレンド」が、薄利多売の最大のものですね。
一方で、付加価値の大きい、ケーキ類とか、クリーム系の飲み物とかもありますよね。その辺りで、結構、収益は上げているとは思うよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。