ここから本文です

今気になったのですが、 ・地銀 ・第2地銀 ・信金 ・信組 ・長期信用金庫 ...

aki********さん

2006/3/2100:11:37

今気になったのですが、
・地銀
・第2地銀
・信金
・信組
・長期信用金庫
これらの違いは何でしょうか?

閲覧数:
675
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kot********さん

2006/3/2210:10:04

地銀=旧地方の名主により設立し市、県等の公金を扱う地方の代表銀行。
第二地銀=旧相互銀行で相互掛け金等により発展した地場の中小企業相手の銀行。
信用金庫=個人商店を中心として小口周りでどぶ板営業をやっていた金融機関。
信用組合=特定の組合員(商工業、農林漁業)で出資してつくられた特定の業種への融資を対象にした金融機関。
・・だと思いましたが、今ではみんな同じ金融業務で垣根は無いと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nao********さん

2006/3/2101:36:54

地銀=地方銀行
第2地銀=旧相互銀行
信金=信用金庫
信組=信用組合
長期信用金庫=長期信用銀行?

それぞれ根拠法が異なる。
また、かつては信組だけ監督官庁が大蔵省(現・財務省)ではなく、各自治体であった。
ちなみに、日本長期信用銀行、日債銀が破綻し、興銀が普通銀行である「みずほ銀行」となった今日では、長信銀は日本に存在していません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる