ここから本文です

『親御』という奇妙な言葉は いつ頃から使われ始めたのですか。

kys********さん

2011/12/1415:02:11

『親御』という奇妙な言葉は
いつ頃から使われ始めたのですか。

補足人にしか使わないのですか?

閲覧数:
346
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

編集あり2011/12/1513:39:25

接尾語です。
尊敬の意を添える語です。
「親御さん」の形で、他人の父母の敬称になります。
古(いにしえ)から有ります。


人に対する敬意を示す
接尾語ですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nul********さん

2011/12/1502:59:54

>『親御』という奇妙な言葉はいつ頃から使われ始めたのですか。

数百年~千年くらい前でしょうか。
「~御」の形の尊敬語は古くから色々あります。ゆかしい言葉です。


親御 おやご
父御 ちちご、ててご
母御 ははご

舅御 しゅうとご
姑御 しゅうとめご

兄御 あにご
姉御 あねご
姐御 あねご
弟御 おとうとご
妹御 いもうとご

伯父御 おじご
叔父御 おじご
伯母御 おばご
叔母御 おばご

甥御 おいご
姪御 めいご

殿御 とのご
嫁御 よめご
娘御 むすめご
大御 おおご
女御 にょうご、にょご
供御 くご
渡御 とぎょ
薨御 こうぎょ
空御 くうぎょ

wad********さん

2011/12/1420:49:56

*虎明本狂言・二人袴〔室町末~近世初〕「下人おやごのはかまも是でござると云て、まへをとりひつはる」
*狂言記・八句連歌〔1660〕「おやごよりもむまれあからっしゃれた事でござる」

(日本国語大辞典より引く)

zhu********さん

編集あり2011/12/1420:32:46

室町末~近世初期の狂言や御伽草子などに出てきます。

姉御・親御・母御・嫁御などという類似例があります。
御は御前の略語で、もとは姉御前・親御前などと言っていたものです。
御前は貴人の面前の意味から、相手を敬っていう語としても使われ、やがて「-御前」のように接尾語として使われ、更に「-語」と略されるようになったものです。
知ってみれば、何も奇妙な言葉ではありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる