ここから本文です

貸倒引当金はなぜ負債、資産両方の定義が言えるのでしょうか?

hap********さん

2011/12/1701:17:58

貸倒引当金はなぜ負債、資産両方の定義が言えるのでしょうか?

閲覧数:
6,231
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gpw********さん

2011/12/1713:12:48

貸倒引当金は貸し倒れるかもしれない債券の減額ですが、まだ貸し倒れてないので、債券(資産)の振替と考えると資産になりますよね。しかし当期に発生した、回収できなくなると予測されているされている債券が次期にに費用計上されるのは、なんか変ですよね?当期に発生すると予測されたものですから、当期に費用計上しようというものが貸倒引当金です。そのため、負債の「将来支払いが発生する」という性格に似ているため負債とも言えます。しかし、本質は債券(資産)の減額なので資産のマイナスと考えるのが一般でしょう。性格は負債、本質は資産と考えるとわかりやすいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bro********さん

2011/12/1712:28:06

ご質問の意味がよく分からないのですが、負債でしょう。

売上債権やその他の貸付債権などに設定するのでB/S上は資産の部に計上されるので資産と考えていらっしゃるのでしょうか。

資産の定義を将来的に経済的便益をもたらすものと考えてもやはり、資産ではなく負債だと思います。

表記の方法が債権の下にマイナス表記されるのでそのようにお考えになっているのだと思います。評価性引当金ですから。

仕訳をきっても
借 貸倒引当金繰入額 貸 貸倒引当金 となるのでやはり貸し方項目で負債なんだと思いますが。

ご質問の根拠となるものがあれば分かるんですが、違っていたらすいません。

roxetteさん

2011/12/1709:02:04

FP@上場財務で働いています。

貸倒引当金は負債ではありません。

仕訳上、貸方にくるのでそう思われてるんじゃないですか。

貸倒引当金は資産です。

有価証券報告書などをどこの企業でもいいのでご覧なさい。

BSの資産のマイナスで表示されていますから。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる