ここから本文です

幼児~低学年から公文に通っていた方・通わせていた方。やって良かったですか?

mil********さん

2011/12/2300:12:32

幼児~低学年から公文に通っていた方・通わせていた方。やって良かったですか?

小1の息子が公文(算数)を始めて4ヶ月になります。計算はかなり速くなりました。

先日ママ友が自身の体験として、小学生の頃に「公文で中学レベルをやっているんだ」と自慢していた子は、ことごとく底辺校に進学した。だから家はやらせない。と言うのを聞きました。

私は公文に通った事は無いのですが、計算が苦手で数学的なセンスもなく大変苦労したので、「計算や算数(数学)が得意になって欲しい。」との思いから本人が公文の教室に興味を持ったので行くように勧めました。

確かに、息子は最近計算のスピードを追い求め、「よく読んで落ち着いて考えて解く」ということが出来ていません。
スピードを求める事も、算数が得意になる過程として捉えた方がいいのか、1年生から毎日毎日計算ばかりのプリントをこなしていくような事をさせなくても良かったのでは・・・?という思いが交錯します。(宿題はやります。)

こつこつ勉強する習慣を云々・・と言われますが、私の中では「やる気のある子はやるし、やらない子はやらない」と思っています。
私が公文に求めるのは算数や数学のセンス?みたいなものです。何学年越えなども親としてはあまり興味がありません。

公文経験者の方、公文をやって(やらせて)良かったでしょうか。教えてください。

閲覧数:
3,626
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ton********さん

2011/12/2301:00:07

公文、幼児期から高1までやっていました。
結果的にはやって良かったですし、将来は娘にもやらせたいと思っています。

公文の数学で身につくのは計算の正確さとスピードです。私自身も、当時は「頭に電卓が入っている」感覚でした。

が..応用力やセンスがつくかと言われると、それはもう本人の素質次第としか言いようがありません。
私の教室でも、東大をはじめ一流大学に行った子も沢山いましたし、当然落ちこぼれもいました。

ただ、もし公文の数学に落とし穴があるとすれば「純粋な計算以外の分野(定理や図形諸々)が不得意になりがち」ということでしょうか。

結局は、全てを塾任せにせず、親が不得意を早めに見つけてフォローしていくしかないと思います。
私の周りの高学歴は、99%「親が教育熱心」です。(後の1%は天才タイプ)

質問した人からのコメント

2011/12/29 11:46:52

降参 みなさんありがとうございました。どのご意見も大変参考になりました。
このまま頑張って行きたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

suz********さん

2011/12/2505:58:34

公文通ってなくても、男の子は問題全く読みません!

と学校の先生が言ってました。

計算が出来ても、読まないんです。

なので、是非音読の練習をして、
一度問題を声に出して読ませてから、
問題を解く練習をさせてください。

それには、公文の国語、良いですよ。

公文にかよってなくても、みんな急いで
早く終わるのがカッコイイと、低学年の子供は
思いがちなので、是非、
落ち着いて!
と声かけして、意識させて下さい。

それが出来れば、公文は本当に楽しいですし、
力はつきます。

是非、続けてみてくださいね。

nao********さん

2011/12/2422:45:05

年中の終わりから小3の始めまで約三年間公文に通いました。
最終的には三教科県内5番前後・全国トップ100番台以内で終え、進学塾に移りました。

公文は計算ばかりで文章問題が出来ないとよく言われますが、それは違います。算数で文章問題が解けないのは国語の読解力がないからです。国語を追加するなりして二教科の学習バランスを考えた方がいいです。

算数…計算、文章問題(因数分解H後半)
国語…漢字、速読、読解力(I)
英語…J(英検5.4級取得)
この時点を区切りに夏期講習から進学塾に変更。公文式学習効果を始めは期待していませんでしたが、基礎となる土台がしっかりしているので、後は思考力をつけるだけ。かなり楽です。メンタル面や勉強の仕方も問題ありません。

一番大切なのは、「やるべき事をきっちりやる。」

「遊ぶ時は思いっきり遊ぶ。勉強する時は集中して勉強する」けじめ=気持ちのメリハリが大事。

今日する仕事を明日に回さない。

スケジュール(ルール)を作って守る癖をつける。

目標を達成する為には一つずつ学習を積み上げて行く。

苦手教科や弱点を作らないように学習バランスを考える(公文式だけでは×)

まぁ…いろいろありますが、「得意分野の力を持続させながら、不得意分野を一つずつ潰していく」のがポイントです。

chi********さん

2011/12/2303:28:49

中学の最初の方まで公文をやっていましたが結果的に良かったと思っています。


確かに計算問題が素晴らしかったとか、設問にものすごく感銘を受けたとか、そういったことを感じたことは私はありませんでしたが、苦手な問題をやったり少々イヤな仕事をやったりするときでも集中力を切らさずに打ち込めるのはこの手の訓練が効いているように思います。

加えて、お子さんは勉強を遊びとして受け入れているようなので、すごく良い傾向ではないでしょうか。今は「早く解く遊び」に夢中になっていて、それが結果的に勉強になっているのですから。

勉強を苦行として捉える子よりも遊びとして捉える子の方が頭が良くなると思います。そのうち別の「遊び方」「楽しみ方」を自分で見つけて夢中になるかもしれません(勝負事などの遊びにかこつけて親が子供を上手く誘導して夢中にさせる、という手もありますが)。もうしばらく観察してみてそんな傾向がみられるのであれば、当面は好きなようにさせても問題無いと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる