ここから本文です

四字熟語! 至急!!

bla********さん

2012/1/311:51:18

四字熟語! 至急!!

「龍」という字を使った四字熟語についてですが、新年の挨拶にふさわしいのは

① 雲蒸龍変
② 飛龍乗雲

のどちらですか?

閲覧数:
11,525
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hid********さん

2012/1/312:03:34

>「龍」という字を使った四字熟語

① 雲蒸龍変
雲がわきあがり、龍がそれに乗って不思議な働きをする。英雄・豪傑が機会を得て世に出て、活躍するたとえ。

② 飛龍乗雲
英雄が時に乗じて、勢いを得ること。 「飛竜」は、空を飛ぶ竜。「飛竜雲に乗る」と訓読する。「飛龍乗雲」とも書く。

ほぼ、同じ意味ですので、どちらでもかまわないと思います。
② 飛龍乗雲 の方が字面はいいような気がします。


他にもこんなことばが、あります。

竜驤虎視(りゅうじょうこし)
天下に権威をふるうさま。竜のようにのぼり、虎のようににらむこと。

竜蟠虎踞(りゅうばんこきょ)
竜がとぐろを巻き、虎がうずくまるように、抜きんでた能力を持つ者がある場所にとどまり、権勢を振るうことのたとえ。また、ある地域で、すぐれた能力を存分に発揮すること。

竜は一寸にして昇天の気あり
俊才は、幼い時分から非凡な所があるということ。

竜に翼(を得たる如し)
もともと強い竜に翼を与えれば無敵となることから、勢いの強い者に更に威力を添えることのたとえ。

竜の雲を得る如し
竜が雲を得て天に昇るように、英雄豪傑などが機に臨んで盛んに活躍するたとえ。

http://www.sanabo.com/words/archives/cat1/01/index.html

>「龍」という字を使った四字熟語

① 雲蒸龍変...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dor********さん

2012/1/311:56:42

両方、初めて見た四文字熟語ですが、漢字の意味から想像するに、「飛龍乗雲」のほうがわかりやすく、イメージできますね。
ただし「新年のあいさつ」ではないことは確かです。
それは
「迎春」「初春」といった言葉があいさつではない、ということと同様です。
挨拶は別に書き込んだほうがよいでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる