ここから本文です

インピンジメント症候群について:症候群の概要を説明頂ければ幸いです。

syu********さん

2012/1/320:39:19

インピンジメント症候群について:症候群の概要を説明頂ければ幸いです。

閲覧数:
848
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mor********さん

2012/1/320:43:14

上腕骨の上には、腱版と少量の滑液を含む袋状の組織である滑液包があり、それらは肩の関節の動きを滑らかにする役割を担っています。インピンジメント症候群とは、腱版と滑液包が上腕骨頭に挟まれる現象を総称したものです。「インピンジメント」は「衝突」を意味し、腱版や滑液包が度々刺激を受けるために炎症や小規模の腱版断裂が生じ、症状が現れます。手が後ろに回らなくなる,いわゆる四十肩、五十肩と診断され、長い間治らない罹患者の方に肩関節腱板炎が見逃されていることがあります。肩が上がらない、ある角度で痛みがある等、自然軽快し難く、MRI画像検査が有用です

質問した人からのコメント

2012/1/3 21:00:45

即答、有り難うございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる