ここから本文です

圧縮記帳後の取得価格で減価償却の計算を行う場合、結果的に所得金額が多くなるら...

oij********さん

2006/4/912:32:07

圧縮記帳後の取得価格で減価償却の計算を行う場合、結果的に所得金額が多くなるらしいのですが、この場合の所得金額とはどういう意味ですか?

閲覧数:
3,403
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

chi********さん

2006/4/912:49:15

当期純利益と考えて差し支えないです。

取得価格100万円の資産で圧縮額が50万円であるとします。(耐用年数5年 定額法)

減価償却費は圧縮前で
100万円×0.9×0.2=18万円
圧縮後で
(100万円-50万円)×0.9×0.2=9万円
つまり圧縮記帳をすると減価償却費が減るのです。

圧縮記帳は減税措置ではなく課税の繰り延べでしかないのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる