ここから本文です

マタイ伝。 9 どんな主題および記述の進め方が「マタイによる書」の特色となっ...

「マリア」さん

2012/1/1502:26:42

マタイ伝。

9 どんな主題および記述の進め方が「マタイによる書」の特色となっていますか。

閲覧数:
114
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

薔薇さん

2012/1/1517:55:20

9 マタイは特に,「天の王国」がイエスの教えの主題であることを強調しました。(4:17)

マタイにとって,イエスは王なる伝道者でした。

マタイは「王国」という語を大変頻繁に(50回以上)使ったので,その福音書は王国福音書と呼ぶこともできます。

マタイは,イエスの公の講話や話を厳密に時間的な順序で配列することよりも,それを論理的な手順で提出することに関心を払っていました。

王国という主題に重点を置いたマタイは,初めの18章では年代的な配列から離れています。

しかし,最後の10章(19から28)では,概して年代的な順序に従うと共に,引き続き王国の主題を強調しています。

質問した人からのコメント

2012/1/15 19:04:09

感謝 ありがとう

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる