ここから本文です

聖闘士星矢 天界編 に付いて。

pha********さん

2012/1/2104:12:53

聖闘士星矢 天界編 に付いて。

中盤までは我慢しながらでしたが、最後まで観たら気に入りました。

が、黄金聖闘士の魂は、この後解放されたと思いますか。

車田さんが結論を描かない限り、未知でしょうか。

ならば、二次創作と我々の改心とで彼等を助け出さなければ。(とても理不尽なので。)


‥塔の中の彼等と神々との会話

[神]
肉体は既になく もはや魂だけとなったゴールド聖闘士達 しかし お前達の罪を我等神が許した訳ではない

[聖闘士]
我等はアテナのセイント この肉体が滅ぼうとも 神々の怒りを買ったとしても 迷う事はない アテナの為に我等はある

[神]
アテナ最高のセイントたるゴールドセイントとはいえ 所詮は人か お前達の魂も 封印される
神を冒涜し続ける人類への見せしめとして お前達の魂は 永遠に 安らぎを与えられる事無く この地に留まるのだ

[聖闘士]
我等は死して尚 其の魂はアテナと共にある
たとえ永劫の苦しみに閉じ込められようとも 我等の意思を砕けはしない
それに 我等の魂を封印したとしても 志を受け継ぐ者が 必ず出て来よう

[神]
たとえば 其の様な者が現れた所で 神に敵う筈は無い
人よ 神への怖れを知るが良い

補足車田さんの本意と異なるという点迄は認識しているのですが、荒木さん等の生涯最後へ向けてのメッセージが篭められているのか、等々考えてしまいます。ギリシャ神話も超神話である星矢も事実の神世界とは異なっていると思うのですが(神は争わない。争いは人間の事。でもBigwillで言う淘汰は在り得る)でも黄金聖闘士はニーチェの言う超人そのもの。其の精神も生き様も。星矢での敵対神は邪神状態‥。色々思いは複雑です。

閲覧数:
2,022
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

編集あり2012/1/2502:13:12

『聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜』の事でしたら、続編は作られないと思います。

本来、冥王ハーデス編の続きを自分の手で描くべきところを、アニメ媒体でやるという話になり、(悪い言い方をすれば)人任せにした結果、車田氏の構想とはほど遠いものとなったからです。

車田氏が少年チャンピオンで連載(現在体調不良のため休載中)している、『聖闘士星矢冥王神話ND』が、冥王ハーデス編の事実上の続編ですが、黄金聖闘士達が死後どの様に扱われているのかどうか、まだ描かれていません。
描かれるのかどうかも不明です。

ただ、天界編で、アルテミスが正面からアテナと敵対したのに対し、冥王神話NDではアテナに同情的だったという風に描写が変わっているので、黄金聖闘士達の扱いも変わっているかもしれませんね。

質問した人からのコメント

2012/1/26 00:23:08

正直、あの塔を見て以来、心が悲しみに覆われて居ます。勿論、架空であり、物語であり、彼等の魂は実在しないと分かっていても。心の中では、本当に生きてくれているのですよね。痛い程、痛感してしまっています。殺生も基本いけない事ですので、ハーデスや冥界の仕来りも強ち誤りではありません。原作では車田さんの思いはもう少し柔らかい描写の様なので、其の事を教えて頂けて、少し安心しました。有難うございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる