ここから本文です

最近の車は長~く造り続けられる事が多いですね。中でもトヨタプログレ、三菱ミニ...

pow********さん

2006/4/2021:58:09

最近の車は長~く造り続けられる事が多いですね。中でもトヨタプログレ、三菱ミニカ、スバルプレオ、スズキケイ、ソリオなどの車種は7年オーバーです。中でもミニカとケイは先ごろ一部変更が行われ、ソリオもなぜか今頃復活したシボレーブランドの兄弟車MWとともにまだまだ生産が続くようです。

今の日本車はどれも長い間モデルチェンジせず造り続けられるのが常識となっていますが、メーカー側としては1度こしらえたものは少しでも長く生産を続けたい、という事なんでしょうか?

閲覧数:
1,197
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2006/4/2023:06:55

自動車に限らず、品物のコストには開発費以外にボディパネルやバンパーなどを作るための金型、生産設備などの償却費が含まれます。

むしろ、開発費は直接的にコストには関係しない場合が多いように思います。

開発費に関しては生産数も読めず、他の機種との共有関係もあり複雑になりますが、金型や設備に関しては○○万台の生産を前提に作られますので、商品一つ当りのコストははっきりと出ます。

当初予定していた○○万台以降の生産は、その分のコスト(償却費)がそっくり浮いてくるという理屈です。
当然、補修などもありますし、寿命で作り変える必要性も出ます。しかしながら、補修は新作に比べて安くて当然ですし、
新作したとしても、最初に比べれば設計費などは不要ですので安くなります。

そのようなわけで、長く作ると利益が稼ぎやすくなります。
これはすべての生産で言える話でしょう。

質問した人からのコメント

2006/4/24 12:45:51

成功 しかし、売れ筋でなくなってるのにいつまでもダラダラ生産続けてると、なんかせこい感じがしますね・・・・。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hgp********さん

2006/4/2022:00:12

ただ単に開発コストの削減のためじゃないの?????

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる