ここから本文です

呉服屋さんの社員教育ってどのようにしているのでしょうか? 結婚や転勤で地方へ...

zyo********さん

2012/1/2518:03:38

呉服屋さんの社員教育ってどのようにしているのでしょうか?
結婚や転勤で地方へいった友人たちが地元の呉服屋の店員さんのレベルの低さを嘆いているのでお尋ねします。

私自身は、数店の馴染みの和装関連の店員さんは、それぞれに素晴らしくご本やネットには掲載されていない知識と見識にあふれています。場合によっては、ネットで廉く購入できるようなこともありますが、お見立て料、知識料と素直に思えて損した気持ちにはなりません。
逆に地方の高級や高品質を売りにしている店で、仕立の寸法について相談にもならなかったり、なんの柄だかわからなかったり、勝手に裾回しの色を変えたりなど最低限の商品知識を持ち合わせていない店員さんが多くいるようなのです。

地方都市の手前、間違いを騒ぎ立てることも憚られ、かといってそうそう婚前の馴染みから取り寄せるのは、義母や義理の姉妹、周りの親戚の手前遠慮してしまい、だんだんに和装から離れて行き、稀にお宮詣りや七五三のしたく為に地元の呉服屋を使うと前記のような状態のようです。

地方を馬鹿にしているわけではなく、たまたま首都圏出身なので遠くに引っ越した場合に確認できた事例なので、首都圏内でもあることとおもっております。その点は誤解下さいませんように

補足具体的な例が聞きたかったです。

閲覧数:
1,205
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2012/2/101:16:26

いつもご自分(とその周辺)だけが
「素晴らしくて正しい」と思ってらっしゃるのですね・・・・
他の質問も拝見しましたが、そういうお人柄なんでしょうね。


記載の内容は確かに「ありえない」と思いますし
知識以前の問題というか、
知識がナイならナイなりに勉強したり(分からなければ
ほかの店員に素直に聞くとか)
商品に対し、プロとして最低限の責任を持つと言う事を
客としては期待したいですから、
そこまでの店があると言うことに
驚きを禁じずにはいられませんが…

ただ有名大学学生や有名企業社員、大学教授や医師が
皆 知識・見識にあふれているか、というと
必ずしもそうでないのと同じで、
このように騒ぎ立てるほどの事でもないと思います。

「美しいキモノ」にしばしば掲載されているような
銀座の超・有名店ですら、ビックリな店員さん(※)に
出会った事がありますから、気に入らなければ
行かなければ良いだけの話です。

(※友人に連れられてその店に行ったのですが、
その時友人は何も買わず私が帯を買った所
次にやはりその友人と立ち寄った際
「友人を無視して(!)」私にだけネコなで声で
その店員さんは擦り寄って来たのです。。。
商品が素晴らしくても、以来その店には一度も足を運んでいません…)


義母などの手前その店を利用せざるを得ないのであれば
店の悪口ばかり言っていないで、
ご自分が勉強されて、店に指示を出せば
良いだけなのでは、ないでしょうか?。

恥ずかしながら当方も「着物ビギナー」の頃
メーカー名を読み間違えた事があり、
たいへん自分を恥じましたので猛勉強し
今では友人に聞かれても着物の事なら
たいてい答えられるようになった位です。

質問者さんのお友達ですからその方も
「自分は一流(正しくて素晴らしい)」と思っておられるのだと思いますが、
その程度の呉服店を贔屓にしているという事は
お友達の義母もその程度の人間だという事ですし、
その程度の実家の男性と結婚したという事は
お友達もその程度の女性だという事です。

質問した人からのコメント

2012/2/1 01:30:10

こういう形で報復する方なんですね。
本当にお気の毒様です。途中で読む気もなくなりました。
顔が見えないとここまでやるんですね。www
お里がしれますね

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

glo********さん

2012/1/2621:55:11

地方だから…というのは質問者様の偏見だと思います。
私は地方都市に数カ所と首都圏で生活した経験がありますが、結婚式やお葬式などの際の着物率の低さは東京がダントツでした。

今は百貨店をはじめ、どこの会社もコストダウンを余儀なくされているので、販売員の質は低下していると思います。これは呉服業界に始まった事ではないかと。
首都圏でも、『???』と思う販売員に出会う事は多々あります。仕立ての寸法の相談はまず無理です。以前に首都圏大手呉服屋で仕立てた訪問着があるのですが、和裁の先生に見せたら寸法の出し方が私の体型に全く合っていないといわれました。
どうしてもそういった店で買い物がしたい場合は何回か通ったりしてその店の店長や、ベテランの販売員さんに出会うきっかけを作って大事な事はそういった方に尋ねてみたりしています。店を構えている以上、すべての方が無知という訳ではないのでは?と思うのですが。

yuk********さん

2012/1/2610:34:57

最初ご質問をお読みしたときに、そんなものなのかな~??と思っただけだったのですが。
わたしのところも一応30万都市ですが、懇意にお付き合いをしているお店の店員さんやスタッフの方は、びっくりするくらい知識があります。
行く度に勉強になるので、見つけるお店によるのかもしれませんね。
社員教育で補えない部分は、自分で勉強する、それはやはり着物大好き人間でなければできないことです。
織などはいまや、さほど種類も生産されていないようですから、お若い店員さんであれば昔の織の名前なんかは知らない可能性もあります。とにかく、見ただけでわかる、という境地になるまでは3年はかかるでしょうし、希少品がわかる、となると、相当勉強しなければ、という気がします。
わたしも恥ずかしながら、先日はじめて郡上紬を触りました。
話がそれますが、すごいですよね。写真で知ってはいても色にせよ織にせよ、本物をさわって確かめないと、理解はできません。そういう意味では物の豊富な東京などは確かに勉強の機会には恵まれますよね。知識の豊富な方がたくさんいらっしゃって当然と言う気がします。

xon********さん

2012/1/2522:43:10

都内でも変わりません。パートさんばかりで 常に入れ替わりもありますから地方より酷く感じます。呉服だけでなく 洋服も飲食も 接客業は皆同じです。都会だと嫌なら行かない、で済みます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる