ここから本文です

半導体レーザーについて

pan********さん

2012/1/3015:29:20

半導体レーザーについて

半導体レーザーのカタログを見てるのですが
半導体レーザーにはシングルモードとマルチモードの二種類があるのですが

半導体レーザーのシングルモードとマルチモードではどういった違いがるのでしょうか?

閲覧数:
5,079
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

2012/1/3019:57:31

http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0110010080
に詳しく出ていますから見てください。

レーザ光束の横断面における強度分布を横モードと呼び,レーザ加工にとって重要な指標の1つとなる。共振器のミラー面上では,回折や干渉により,図1に示す種々のパターンの横モードが得られる。モードの区別には,TEMm.nの表示が使われ,どのモードになるかは共振器の構成によって決まる1)。最も単純なモードは,強度分布が中心で大きく周辺で確率分布的に小さくなるTEM00モードで,単一横モードもしくはシングルモードと呼ばれている(図1(b))。これ以外のモードは,多重横モードもしくはマルチモードという(図1(a))。マルチモードのレーザ光はコヒーレンスが低下するため,集光性が悪くなる。シングルモード発振を得るには,通常安定型共振器にアパーチャーを入れ,光軸に近い光束のみを取り出す(図1(b))。一方,レーザ出力が大きくなると,部分反射鏡が使用できなくなるため,図1(c)に示すように不安定型共振器が用いられる。この場合強度分布がリング状となり,リングモードもしくはドーナツモードと呼ばれる。集光点におけるビームモードは,マルチおよびシングルモードとも発振器出口と変わらないが,リングモードでは中心に高いピークを持ち周辺で複数の弱いピークを持つモードとなる。

という記述と、
説明図があります。

質問した人からのコメント

2012/1/30 21:22:07

成功 回答してくださった方ありがとう御座います。とても参考になります。今回は一番初めに回答してくださった方にBAを差し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

com********さん

2012/1/3021:15:04

構造の話は、既に回答にあるとおりですが、通信に使用するとなると、マルチモードレーザは、高速通信には向かないという特徴があります。

低速ならマルチモード、高速ならシングルモードレーザを使います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる