ここから本文です

コンプレッサー、リミッターについて。

tok********さん

2012/2/318:28:52

コンプレッサー、リミッターについて。

こんばんは、初めまして。
閲覧ありがとうございます。
当方、声(主に演技)を宅録している者です。

今回インターフェイスを新調し、それに伴いコンプレッサーなどのかけ方を勉強していたのですが、難しくて中々わからないので、教えて頂けると嬉しいです。

使っている機材は、
マイク:RODE NT2000
I/F:QUAD-CAPTURE UA-55
録音:SONAR X1 LE

です。

色んなサイトを見ていても、やはりボーカル用の設定方法しか見つからず、
音質を、クリアで繊細にする方法が中々わからず、困っています。

スレッショルド、レシオ、アタック、リリースの意味については、
大体ですが理解できていると思います。

どんな風に値を設定したらいいか、アドバイスお願いできませんか…?
どうぞ、宜しくお願いします…!

閲覧数:
728
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

swt********さん

2012/2/318:32:15

クリアで繊細にするには、コンプとかリミッターなんて使いません。むしろEQ弄った方が良いですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hob********さん

2012/2/414:33:44

先の回答者の方のおっしゃるとおり。

「クリア+繊細さ」路線なら、まず少なくともリミッターはあり得ません。

コンプも、どっちかと言えば
「クリアさはちょっと犠牲にしてでもいいから、音芯を太くする」
「繊細さは求めないから、音の立ち上がりの輪郭を強くする」
という使い方をするエフェクトです。

大枠では
「生音の繊細さとかクリアさを少々犠牲にして、その分を迫力やメリハリに振り向ける」
という効果を狙うのが基本形の使い方。

また、特にメリハリの方のテクニックは、音の強弱レンジが元々激しい楽器音で使うのが普通で、人声ではあんまり使いません。
(人声は、そのテクニック使うほど強弱レンジが広くないのと、ヘタ打ったら声質変化が許容できなくなるから…声がつぶれる)

繊細さやクリアさのコントロールは、普通はイコライザ「だけ」で『やるしかない』コントロールですね。

それよりも、NT2000なら「繊細さ」は「発声者の声の表現力」と「その表現を録りきる録音テクニック」で、9割以上が『録音時にすでに決まってしまう』課題です。
確かに、そこが演技者側も録る側も非常に難しいんですが…ここで失敗したら、「繊細さ」に関しては、後でどんだけイコライザやエフェクタを駆使しても、やればやるほど表現がボケるだけでどうしようもないです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる