ここから本文です

なぜ志々雄真実には二重の極みが全く効かなかったんですか?

iatemanoknamonokustaさん

2012/2/1002:06:59

なぜ志々雄真実には二重の極みが全く効かなかったんですか?

閲覧数:
1,632
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/2/1002:32:21

理由の一つに佐之助が負傷してたことがあるでしょう。
もし安慈と戦っておらず万全の状態だったら効果あったかもしれません。
あとは半端ない死線と修羅場を潜り抜けた志々雄の体が常人離れし過ぎてたのも(バトル漫画は大半のキャラが常人離れしてますがね)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/2/1522:39:11

口の中の舌で、内側から「極み外し」をしていたからです。

amerikaouさん

2012/2/1300:38:44

骨が砕けて、二重の極みが発動しなかったんだと思います。

hizakatuさん

2012/2/1008:58:08

安慈との後半戦でお互いが二重の極みを撃ちまくっていたのにそれほどダメージが負わなかった理由を剣心は「精神が肉体を凌駕している」と説明しています。
全身大火傷をしているのにもかかわらず日常生活を送っている志々雄も「精神が肉体を凌駕している」状態なのでしょう。

2012/2/1002:25:13

「いかんともし難い実力の差」があったからです(笑)
実際、岩を粉々にする破壊力を受ければひとたまりもありませんが…
まあ、マンガ何で…
(^_^;)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。