ここから本文です

鉱山という場所には、なぜヒ素がたくさん含まれているのですか?教えてください!...

hiropon_tguさん

2012/2/1301:32:01

鉱山という場所には、なぜヒ素がたくさん含まれているのですか?教えてください!よろしくお願いいたしますm(__)m

閲覧数:
1,108
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

good103mkさん

2012/2/1315:18:07

地殻中にヒ素は金(0.003ppm)、銀(0.08ppm)より比較的多く含まれ(2ppm)ています。
地殻の元素の存在度は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%AE%BB%E4%B8%AD%E3%81%AE%E...

ヒ素は銅や鉄と結びつきやすく、それらの元素を含んだ硫化鉱物として、各種鉱山から産出します。砒素を含んだ鉱物の主なものは自然砒 (As) 、鶏冠石 (As4S4)、雄黄(As2S3)、輝コバルト鉱 (CoAsS)、硫砒鉄鉱 (FeAsS)、硫砒銅鉱 (Cu3AsS4)、四面銅鉱((Cu,Fe,Zn)10(Sb,As)4S13), 紅銀鉱(Ag3(Sb,As)S3)などがあります。

金・銀の鉱脈鉱床では銀鉱物として普遍的に四面銅鉱や紅銀鉱が、日本の黒鉱鉱床では四面銅鉱が、銅・鉛・亜鉛の接触交代鉱床や鉱脈鉱床では硫砒鉄鉱が普遍的に産出します。世界の斑岩銅鉱床でも四面銅鉱が産出しています。世界の主な熱水性鉱床で砒素を含んだ鉱物がほとんどの鉱山で出てきています。

結論的にヒ素は地殻中に比較的多く含まれ、ケイ酸塩鉱物にはほとんど含まれなくて、銅・鉄・銀なととともに硫化鉱物として濃集するために多くの鉱山の鉱石中に含まれているといえます。

質問した人からのコメント

2012/2/13 15:19:50

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

marubooroxさん

2012/2/1307:38:51

そんなことはありません。
鉱山によって違います。
『銅や銀の鉱山』であれば、これらの金属は硫黄やヒ素と化合しやすいからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。