全身麻酔について。 先日、稽留流産により子宮内容除去術をうけたのですが気になる事があります。

妊娠、出産33,989閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(3件)

1

手術室看護師です。 質問文を読む限りですが、目が覚め、看護師が「終わった」と言いながら別のベットへ。 このことから考えられることは、手術終了→麻酔から覚醒→麻酔から覚醒しているので痛み大→覚ましたあと迎えのベットがくる(この時点ではまだ手術室ですので、患者さん目線ですと手術中)→病棟へ帰る→痛いと患者さんの訴え→医師の指示により強めの鎮痛剤(これには、すこしボーっとする作用がある)→再び意識なくなる という感じではないでしょうか? 私が手術(膝)をしたときもそんな感じでした。朝からの手術で、麻酔導入後覚えていることは、病棟のベットへ移る際のみんなの「せーの」というかけ声。病室での痛み。のみです。気がついたのは夕方でしたが、同僚にきくと昼過ぎには手術は終了していたとのことでした。同じ手術室スタッフということで、痛み止めはカナリ使用してくれたみたいですが、私自身全く記憶がありません。 術中覚醒は、通常あってはならないことです。 前回痛くなかったということは、それだけ麻酔医の腕がよかったのでしょう。

1人がナイス!しています

5

この手術は一般的に静脈麻酔と呼ばれる浅い全身麻酔で行われます。 また、このような薬剤の聞き方は個人差が大きく、とちゅうで目が覚める方がいるのも事実です。 前回と違うのは、おそらく使用している薬剤が違うからだと思われます。 前の方の回答で少し違う部分があります。 静脈麻酔でも、以前はケタラールという鎮痛効果のある薬剤も使用されていました。 ところが、ある事情により、この薬剤が麻薬扱いになったため、取り扱いが非常に面倒になり、使用しない施設も増えているようです。(麻薬とそれ以外の薬剤は、管理のしかた、処方や使用の仕方が非常に差がある。まあ当然なんですが) 大きな手術をする場合に施行する全身麻酔は、もっと完全に眠らせてしまいますので、とちゅうで目覚めるような事は非常にまれです。

5人がナイス!しています

2

2年前に質問者さまと同じ手術を受けましたが、私も手術中に目が覚め、『痛い痛い!!』と叫びまくりました。痛さのあまりジッとしてることができず、『動かないで!!』と看護師さん数人に押さえ付けられながらの地獄のような手術でした。痛さのあまり手術中吐いてしまいましたし…。私は一度目が覚めたあとずーっと意識がハッキリしていました。私も『なぜ?』と思いましたが、訊ねることもできず…ただ、お酒に強いと麻酔が効きにくいと聞いたことがあります…。(たしかに私はかなり強いし、酒豪です)今、妊娠40週なのですが帝王切開になる可能性が出てきて、また麻酔が効かなかったら…と不安で不安でたまりません。完全にトラウマになりますよね(-_-;)回答になっていなくてすみません…状況が似ている方が初めてだったので投稿しました。

2人がナイス!しています