ここから本文です

逸話を教えて下さい。 ある大好きなマンガで、日本史や中国史を参照にしているこ...

shs********さん

2012/2/1802:23:03

逸話を教えて下さい。
ある大好きなマンガで、日本史や中国史を参照にしていることが多いなと感じました。
一例をあげますと、

【丘の上に鳥がいる。三年間飛びも鳴きもしない…】愚臣を排除
→中国の荘王

【鹿が通れる道なら馬も通れる】断崖から奇襲
→源義経

【牛1000頭で奇襲】
→巴御前

【おもしろきこともなき世を…】
→高杉晋作

【暗闇で敵の矢をいただく】
→孔明

などがあります。

そこで他にも逸話を参照にしたエピソードがあるのかを知りたいので、以下のもので、心当たりがあれば、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

●手相が悪いので、刀で切って手相を変える

●敵兵と見分けるために、眉を紅で染める(これは誰か忘れました)

●仏像に油を仕込む

●井戸を爆破させて水を絶つ

補足追記です。

●桜の枝を白い紙に包んで渡す→密か大将の身柄を渡し降伏しますという意味

閲覧数:
369
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ric********さん

2012/2/1811:36:14

二つだけ。

●手相が悪いので、刀で切って手相を変える
豊臣秀吉が自分で切ったそうです。

●敵兵と見分けるために、眉を紅で染める(これは誰か忘れました)
中国の「赤眉の乱」です。

質問した人からのコメント

2012/2/20 00:08:06

秀吉なんですね~☆
他にも調べてみようと思います!

ありがとうございました☆

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる