ここから本文です

何も深く考えず、失敗するかもということも考えず、いい結果になるか悪い結果にな...

syu********さん

2012/2/2021:10:32

何も深く考えず、失敗するかもということも考えず、いい結果になるか悪い結果になるのかも考えず、当たって砕けろ的な感じで全力で前進してみるのも

、自分を変えるために必要なことだと思いますか? 私は今まで〈考えること〉にとらわれすぎて、かえって自分を変えるための前進ができてなかったんじゃと最近になって思い始めたんですが…

閲覧数:
157
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wpd********さん

2012/2/2021:24:40

考えなさすぎるのは困りもんですが、反面考えすぎて行動を起こせないのはもっと問題です。当たって砕けたらいけませんが、ある程度考えが煮詰まったなら行動する事が大事です。何より行動せずには結果が出ませんから、結果が出て初めてそれを振り返り修正すべきは修正しながら前進していけばいいと思います。考えてばかりいても答えは出ません。。。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tng********さん

2012/2/2021:33:18

「知覚動考」という言葉があります。

1.知って
2.覚えて
3.動いて
4.考える

読み方は「ともかく うごこう」です。
(正式ではないですよ)


つまりね、とにかく動いてみろって事なんですよ。
考えるのはあくまでも後からでいい。
まずこれがポイントです。

ただし、知る事と覚える事は動く事よりも先。
つまり全くデタラメではダメだって事です。
これがもう1つのポイント。


ご存じだったらすみません(^_^;

sae********さん

2012/2/2021:30:24

とりあえず、動いてみるというのは悪いことではないと思います。
何をどうしたいのか抽象的すぎてわかりませんが、時には失敗も成功より良かったよって時もある気もします。

his********さん

編集あり2012/2/2021:23:52

兎に角我々は未来のことは分からないです。極端にいえば一秒先のことも分かりません。
自分を変えるかは分かりませんが、どんどん突っ込んでいくといいです。たとえば、難しい本があるとしますね。読めるかなあどうかなあなんて考えずに買って読めばいいんです。分からなかったら、もっと他の著作を読んで挑戦しようという気概が生まれますね。
読めなかったということで”悪い結果”かもしれんですが、兎に角次の行動が決まるわけです。深く読めるかなあどうなかあなんて考えててもどうにもならんわけです。

「初めに業ありき。」という言葉があります。ゲーテのファウストです。行動を起こせば、何かリアクションが生まれます。
そのリアクトを受けていかないと我々は何もできない。あの子にメールを送ろうかどうか、嫌われるかどうか百時間考えても答えは絶対に出ない。
だったら取り敢えずあの子にメールを送っちゃえばいい。梨の礫でもリアクションが分かる。

質問者さんの考えは私はよく分かるんですが、今のうちにどんどん失敗したほうがいいですよ。
失敗できない時が必ず来ますから。

pow********さん

2012/2/2021:14:46

一理あると思います。でも、何かアクション起こす時はどういうアクションを起こすのかを考えなければいけないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる