ここから本文です

交通違反否認でサイン。青キップ受取を拒否しましたが・・・

kor********さん

2012/2/2111:20:32

交通違反否認でサイン。青キップ受取を拒否しましたが・・・

朝、通勤時に踏み切り点滅中に侵入と云う事で、踏み切りの向こう側にいたミニパトに
サイレンを鳴らされ停車させられました(川崎市内)。
私は一時停止も実行、私が渡りだしてから踏み切り点滅を始め、仕方なく渡り切ったと
確信していましたので、その旨を警察官に申し伝えましたが、警察官は鳴ってから入ったの一点張り。
私は到底、納得は出来ないため、違反切符の受取もサインも拒否しました。
警察官から「否認と云う事で調書を書きます」との事で、約2、30分くらいの時間待たされ
(自分の車の中で)、
読み上げられた調書にサインしました。
警察官から「起訴される場合は連絡があります。私達の現場検証には立ち会う義務は
ありませんが、検事からの現場検証は必ず立ち会う義務が生じます云々」等
言われてから解放されました。

正直、納得した違反なら切符も止むをえないと思ってますし、過去にもこんな事(切符受取拒否)は
ありません。
今後どのような事が起きるのか、ネットを見てましたが、赤切符相当の違反の否認、
またはスピード違反の否認等の類例ばかりで、このような違反(踏み切り点滅侵入)
の事に触れているサイトが見当たりませんでした。
どなたか今後の流れみたいなものをお教え頂けたらと思い質問する次第です。
また「点数は2点の違反です。すぐに引かれますので」と警察官は言ってましたが、
青切符受取もサインもしていなくても引かれるのですか?
正直、今日の違反には納得が絶対に出来ないのですが裁判(まず起訴されたら勝てないと聞きますので)
で前科1となるのに不安も出てきました。
朝は興奮してそんな事も考えませんでしたが、ほとぼり冷めて来てから「認めてしまった方が良かった?」
なんて気持ちも少し出てます。

宜しくお願いいたします。

閲覧数:
93,500
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

2012/2/2210:41:24

http://www.youtube.com/watch?v=sz1Axwtp6JM&list=HL1329838733&featur...
警察官は違反しても自分に切符は切りませんよね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「交通違反 否認」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nao********さん

2012/2/2121:20:54

>>交通違反否認でサイン。青キップ受取を拒否しましたが・・・

ちょっと長文になりますが
「違反の否認という事ですが、その時交通反則制度について警察官から説明を受けたでしょうか?警察官の言っている通り違反を否認しても点数は累積されてしまうというのは事実です」

「道路交通法違反といえども犯罪ですので、普通は裁判を開き裁きを受けるのが法の流れです。しかし交通違反者は数も多く、全員を裁判所に出頭させて処理すると、裁判所はパンクしてしまいます。それを回避するために交通反則制度があるのです」

「青切符の受領を拒否したという事ですが、交通違反の否認には、2通りの方法で処理が進められます」
質問の状況では②になると思います。

①違反を否認しても「青切符と納付書を受け取った場合」は、交通反則制度が適用され交通事件として処理されます。
というのは違反を否認しても、青切符と納付書を持ち帰ったのであれば、後日気持ちの変化によって反則金を納付する可能性を秘めているからです。
違反を否認していても後日反則金を納付してしまえば、交通反則制度が適用されその時点で点数が累積されて、違反については終了となります。刑事手続きではないので反則金で支払った場合は前科になりません。

②違反を否認して「青切符も納付書も受け取らない場合」は、最初から刑事事件として扱われ手続き処理が進められます。
*後日あなたの立ち会いの下、違反現場での実況見分が行われると思います。
*書類は検察庁に送られます。
*その後検察庁からの出頭、調べがあると思います。(違反時の状況、否認の理由等について)
*検察官が起訴するか不起訴するかを決めます。
*青切符の場合はかなりの高確率で不起訴になる場合があるようですが、起訴される場合も低確率ですが結構あるようです。
*起訴され有罪になると、罰金刑、前科一犯になります。

「不起訴には、以下の3通りがあります」
・「嫌疑なし」:全く疑いがない。
・「嫌疑不十分」:裁判で有罪に持ち込むのは難しい。
・「起訴猶予」:裁判で有罪にすることはできそうだが、起訴しない。
不起訴のほとんどが「起訴猶予」です。

【冷静になって気持ちの変化が出てきたのであれば、一度交通違反をした場所を管轄する警察署に相談するのも一手かも】

sup********さん

2012/2/2117:44:39

「調書にサインしたら確実に起訴」と言ってるバカな回答者がいるようですが、真っ赤なウソですので騙されないように気をつけて下さいね!

結論から申し上げますと、

①99.9%以上の確率で不起訴。反則金の支払いは必要なくなります。

②違反点数については警察の言う通り、すでに付加されています。



それにしても、そのカス警察の発言は嘘のオンパレードですね!
検察の現場検証も任意です。


では、今後の流れについて簡単に説明いたします。

このカス警官への対応は後述するとして、まず、反則金7000円については払う必要はありません。
そのまま払わずに無視していると、本納付書が郵送されてくるかもしれませんが、無視して払わずにいて下さい。


もしかすると警察が電話をかけてきて、
「否認すると裁判になって大変だ。反則金を払った方がいい。」
とか、
「警察に出頭してもらって調書の録取や実況検分をしないと送検できない。」
もしくは、
「警察に出頭しないと逮捕するぞ!」
等と最悪の事を言ってくるかもしれません。

しかし、これらは全て警察の大ウソですので、騙されないようにして下さいね。

青キップの場合、否認すれば99.9%以上の確率で不起訴、つまり実質無罪となります。
つまり、裁判をしたくても青キップの場合は裁判自体に進む事がないのです。
不起訴になればもちろん反則金の支払いは必要ありません。

そして、反則金の支払いや警察署への出頭を拒否しただけでは絶対に逮捕されないので安心して下さい。

理由は下記↓の法律があるからです。

刑事訴訟法198条
「検察官、検察事務官又は司法警察職員は、犯罪の捜査をするについて必要があるときは、被疑者の出頭を求め、これを取り調べることができる。但し、被疑者は、逮捕又は勾留されている場合を除いては、出頭を拒み、又は出頭後、何時でも退去することができる。」

犯罪捜査規範219条
「交通法令違反事件の捜査を行うに当たつては、事案の特性にかんがみ、犯罪事実を現認した場合であつても、逃亡その他の特別の事情がある場合のほか、被疑者の逮捕を行わないようにしなければならない。」


つまり、きちんと連絡先を伝えた上で正式に否認している質問者様に「逃亡の恐れ」はありませんので、逮捕される事はありません。
逮捕されていないので、警察に出頭する必要もありません。


よって、電話口で警察が上記のような嘘をいってきた場合、
「私は刑事訴訟法198条に基づいて出頭を拒否しているだけだ。これ以上、義務でもない事を強要するなら、虚偽の教示による職権濫用罪で刑事告訴するぞ!」
とでも怒鳴りつけて下さい。

電話をしたその後の流れとして、

①何の連絡もなく、そのまま不起訴になる
②裁判所併設の交通執行課からの呼び出しがある

このうちのどちらかとなります。
もし②になった場合でも、一度だけ出頭して否認して下さい。
それで不起訴、つまり無罪になって終了です。
合法的に反則金は払う必要が無くなります。


反則金についてはこれでオッケーですが、問題は点数の方です。
これについては結論から申しますと、取り消すのは難しいでしょう。

切符を切られた時点で付加されており、不起訴になっても無関係だと警察は言い張り、なかなか抹消に応じません。
ただ、もしかしたら1%くらいは可能性があるかもしれないので、不起訴が確定しだい警察署に乗り込んで「不起訴だから違反点数を今すぐ抹消しろ!」と怒鳴ってもいいかもしれません。


最後に、この嘘つきカス警官をなんとか懲らしめたいところです。

Ⅰ.各都道府県警本部の『公聴係 苦情窓口』に電話をする
Ⅱ.公安委員会に苦情の申し入れをする
Ⅲ.各都道府県警本部の監察室に上申書(いわゆる苦情の手紙)を送る
Ⅳ.行政不服審査法に基づき、審査請求をする

このような方法があります。

警察は身内に激甘な組織ですので、現場での会話を録音した物でも無い限り、苦情を入れても「確認したがそのような事実は無かった。検挙は適切に行われた。」などと言ってくる可能性が高く、正直、確実に効果があるとは言いきれませんが、何もしないよりは100倍マシです。
最低でもそのカス警官の出世に悪影響を与える事はできます!

こちらの本気度を見せる為にも、出来るだけ多くの手段で苦情を入れて下さい。

苦情の内容としては、
・明らかな冤罪でキップを切られた
・調書録取についてこちらに増減の機会を与えず、更にサインを強要した。これは刑事訴訟法198条に違反する完全な違法行為である。
・その他、「検察の現場検証への立ち会いは義務」等の虚偽の発言が数多くあり、警察官としての資質を疑わざるを得ない。

このような感じでいいかと思います。


その他、不当な取締りを受けた際の詳しい否認の方法等は、一度下記のブログ↓を読んでいただければ詳しく書いてあります。
私もこちらのブログで学ばせていただきました。


http://blog.goo.ne.jp/rakuchi

プロフィール画像

カテゴリマスター

max********さん

2012/2/2113:31:53

まずは、今後その様な理不尽があった場合、110番通報しましょう。

そして、「違反でないのに違反と言い、周りに聞くと言う行為もしません。

このままでは会社に遅れますので、違法取締りで被害届を出したいので、

今から、どの様に被害届を出せば良いか、教えて下さい」と言いましょう。


基本は、違法な取り締まりには、全て110番通報で、被害届を出すです。

それが出来ずに、切符を切られると、どんな理由でも、認めた事になります。

こうなると、違法取締りでないと言ってるのと同じで、勝訴はほぼ無理です。


今回は、「点数は2点の違反です。すぐに引かれますので」の発言。

これが問題になり、脅迫罪になり得る発言で、ここを責めましょう。

切符の受取もサインもせず、違反も決定していないのです。


この状態で、本来は調書を書く事も、正確には違法行為です。

何故なら、違反でないので、事件も起きていないからです。

今からでも、110番通報して、違法取締りに対し、被害届を出す。


警察で被害届を受理しないのなら、検察に出す旨を伝えましょう。

警察が被害届を受け取らない時に限り、検察は被害届を受理します。

こうなると、検察から管轄警察署に、強制捜査命令が発せられます。


こうなると、きちんとした捜査と聞き込みを、行わないとなりません。

あなたの問題が起きた時に、「あれは鳴ってからだよ」などの意見が出る。

こうなると、あなたへの違反と思われた行為は、取り消されます。


そして、違反が決定してないのに、「2点が直ぐに引かれる」の脅迫罪も、

併せて被害届を出す旨を、警察や検察に伝えて下さい。

簡単に言えば、110番は警察庁管轄で、警察署ではないからです。


この110番連絡の時は、電話をスピーカーフォンにして、録音して下さい。

「2012年2月20日午前7:40頃の不法取締りと脅迫で、被害届を出します

○○警察署の管轄内ですが、○○警察署に出すと、有耶無耶にされるので、

どの様に出せば良いのかと、その連絡先を教えて下さい」


まずは、この様に毅然とした態度で伝え、電話を切る時は、こう締めくくりましょう。

「只今の日時は、2012年2月22日午後15:15で宜しいでしょうか?」と聞く。

これに「はいそうですね」と言えば、「この報告を終了しました。失礼致します」と切る。


これは、違反のあった期日と、110番通報した期日を、明確にする為です。

これで、この様な報告があったかどうかも、裁判時には証拠になります。

裁判する気があると、110番に思わせるだけでも、かなり影響も出ます。


その後に、教えてもらった連絡先でも、この様な日時の発言は、絶対して下さい。

恐らく警察庁か、管轄警察署の連絡先を、110番が教えるでしょう。

警察庁でも、管轄警察署でも、同様に日時発言をして下さい。


そして、被害届を受理しない場合は、検察に被害届をだす事と、今の録音を伝えます。

ここまでやられると、大抵の警察署は面倒と思い、踏切事件をロハにします。

ロハにしなければ、違反が決定したいない状況での、この発言を問い質しましょう


「「点数は2点の違反です。すぐに引かれますので」は、違反決定でないので脅迫です。

この様な違法取締りにも、被害届を出す予定ですが、これも受理しませんか?」

ここまですると、警察の方が降りるでしょうし、警察庁は管轄警察署へと言います。


警察庁→管轄警察署に連絡する様に言われれば、この繰り返しです。

100%とは断言出来ませんが、警官の名前も聞き出し、その人に対し被害届を出す。

これもかなり有効的で、最悪は、その警官の処分にも、発達するからです。


これらの事をして置けば、最悪裁判になっても、勝訴の可能性の方が高くなります。

罪を犯していないのなら、認めてしまったでは、また同じ目に合う事もあります。

不法逮捕と同じレベルの、この手の取締りには、こんな方法が有効です。


警察は、どの様にして裁判になると言う、脅迫まがいをするかも録音されるからです。

もし、警察署に行き、この様な話し合い(調書)をする場合も、録音しましょう。

警察署の録音だけでは、「そんなのなかった」で、最悪終わらされますからね♪

mip********さん

2012/2/2113:23:20

青切符受け取りを拒否しても、調書にサインをしたのですから、確実に起訴されます。
サインをしたということは違反を認めたということですから、現場検証はありません。
検察庁に呼び出され略式裁判を行い5万円以下の罰金になります。
パトカーなら2名乗車ですから、勝ち目はありません。
一般人の同乗者は証人にはなりませんが、警察官の同乗は証人になります。

kam********さん

編集あり2012/2/2512:58:54

青切符の違反で、検事の実況見分なんて聞いたことありませんよ。
ましてや、実況見分があったとしても立ち会う義務はありません。
良くもまあ、それだけ平気で嘘を付けるものだと呆れてしまいますね。
まぁ、検察から呼び出しすらなく不起訴になります。
起訴してもれえませんから、望んでも裁判にはなりません。

裁判になりませんから前科者になることもありません。

点数は、おかしな制度ですが、警官が見たとさえ言えば違反が成立し、
サイン無しでも勝手に付与されてしまいます。
間違っても反則金は払わないで下さいね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる