ここから本文です

火力(石炭)発電は健康に害を及ぼすとは本当ですか。

qer********さん

2012/2/2316:13:06

火力(石炭)発電は健康に害を及ぼすとは本当ですか。

原発のニュースの関係で健康に害があるようなことが書いてありました。日本の火力発電所のことを言っているのではないと思いますが、火力発電所の近くに住んでいるので心配です。

閲覧数:
359
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vf8********さん

2012/2/2513:27:05

hisa396さんの説明がとても詳しいですね

ちなみに回収された化学物質は再利用する方向で処理します
石油なども脱硫後の硫黄分は 硫安などの化学製品に利用されます
おかげで日本の硫黄鉱山はなくなってしまいましたけどね
石炭がやはり一番厄介ですが 日本の石炭火力は世界一クリーンという評価を得ています
微量には出るでしょうが 放射性物質ほど厄介ではありません

海外は酷い状況です
安いといえば石炭火力ですので 多くの国は石炭火力が主力です
中国は80% インドも70%くらいで 米国でさえ50%は石炭火力です
そして旧式が多い
日本の技術があれば効率を上げ 燃費が良くなり 汚染も減らせますね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

his********さん

2012/2/2422:44:03

ご質問者様

石炭を燃焼させると、
窒素酸化物・硫黄酸化物・石炭灰が発生します。

国内ではこれらの排出量・環境基準が非常に厳しく、
立地地点の県や市町村とも独自に、
さらに厳しい基準の排出量・環境基準の協定書を締結しています。
また、これらをきちんと県・市町村はモニタリングしています。

窒素酸化物は脱硝装置で分解します。
石炭燃焼排ガス中にアンモニアを噴霧し、
触媒を解して水と窒素に分解します。
性能は95%を超えるように維持しています。

硫黄酸化物は脱硫装置で除去します。
方法は二つ、湿式と乾式です。
湿式では水に混ぜた消石灰の中を、
石炭燃焼排ガスを通して化学反応をさせて、
硫黄分を石膏として排ガスから分離します。

乾式は活性炭を使うんです。
活性炭で硫黄酸化物を吸着させ、
これを硫酸にして分離しています。

どちらも効率は98%と高い性能を誇っています。

石炭灰は電気集塵機で除去します。
これは静電気を使って石炭燃焼ガス中の粒子を除去します。
これは実に効率99.9%もあるんですよ。

これらの装置は定期的に排ガス測定を行い、
実際に機能しているかきちんと確認しています。

もし、排ガス規制値を超えるようなトラブルになったとしたら、
協定書に基づき発電を緊急停止しなければならないんです。

国内では石炭火力発電所に限らず、
すべての火力発電所に必要な環境対策設備を設置しなければなりません。
ただし、一番厄介なのが石炭火力発電所であることは間違いありません。

国内ではこのような厳しい規制で環境保全をしているのですが、
お隣の中国ではそれがほとんどされていないのが事実です。
実はこれが問題なんですね。
黄砂が日本まで届くように、
中国国内で石炭を燃焼して出た排ガスは、
同じように日本の環境へも影響を及ぼしています。
ですから日本は中国に対して環境対策設備の技術提供などを行っています。

このようにして環境保全対策を行っています。

ご参考になれば幸いです。

dot********さん

2012/2/2321:13:09

火力発電は、NOx・窒素酸化物とかダイオキシンとかが問題となった時期がございましたですね。大気汚染の原因物質にございました。
或いは、微粒子が、噴煙と共に大気中に排出されていることも問題となったこともございます。
これらは、例えば、ガソリン自動車を筆頭に、ディーゼルエンジンの車、町内や学校などにあった焼却炉などとともに、大きな社会問題となりましたですね。一部地域では「公害」として被害者も出ておりますが。

今は、いずれも、問題視するほどの排出はございませんが、確かに、「皆無・0%です」とは言えませんですので、僅かながらとはいえ、長期に渡ると健康への影響も「皆無」とはならないかも知れません。

その面に関してのみ「正常に作動して、廃棄物も正常に処理され、将来的な核廃棄物の処理サイクルも確立されて、自然災害や人災やテロ行動などへの対策も万全で、想定外など無い状態ならば」という前提付きで、原子力は安全にはございますね。

後進国ならば、煙突からの噴煙が「真っ黒」とかも、未だにございますので、あれは、相当、周辺に悪影響を与えていると思いますですよ。

vtm********さん

2012/2/2319:29:09

原発のリスクに比べれば桁違いにましですが無害とは行きません。
しかし、有害性に関しては大量の自動車排ガスの方が量として多いので問題です。
発電所やゴミ焼却所は、排気に関しては浄化設備かしっかりしているので大丈夫です。
煙突(排気塔)に頭を突っ込まない限り問題ありません。
わざわざ誰も煙突(排気塔)には頭を… ですよね(w)

myn********さん

2012/2/2316:47:23

日本の排煙の浄化技術は、世界最高です。
下手をすると、都心の排気ガスのある空気よりきれいかもしれません。
昔、四日市喘息という公害があったからです。
むしろ、お隣のおおきな国のばい煙が、酸性雨となって日本にふっているくらいです。

二酸化炭素が増加してしまうほうが、今は問題といえるでしょう...。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる