ここから本文です

裏千家です 濃茶点前で、茶入を清めるときの四方袱紗さばきは、 どのような意味...

t_j********さん

2012/2/2423:59:45

裏千家です
濃茶点前で、茶入を清めるときの四方袱紗さばきは、
どのような意味で(何のために)行いますか?。

閲覧数:
2,780
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pin********さん

2012/2/2611:56:16

帛紗の四方を捌くのは、陰陽でいうところの東西南北を清めるということです。台子の中に、天板、地板で乾坤があり、柱が四本で、東西南北春夏秋冬になります。そこに全部陰陽五行が入っていて火の卦があり、水の卦があり、木の卦があり、金の卦がありすべてがあります。その前に座り四方を捌くのは、東西南北の方位を清め、春夏秋冬一年を清めると思っていただければよいでしょう。
裏千家HP お家元と一問一答 より(http://www.urasenke.or.jp/textm/headq/soke/ichimon/ichimon01an.html...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる