ここから本文です

スピーカーのプロパティ→詳細のビット、Hzについて質問です。

cra********さん

2012/2/2514:33:33

スピーカーのプロパティ→詳細のビット、Hzについて質問です。

既定値は24ビットの48000Hzですが、やはり24ビット、192000Hzの方が良い音質になりますよね・・?
最低(?)で16ビット、44100Hzもありますが、これらはどういった具合に使い分けるのでしょうか?

閲覧数:
26,747
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iBook-2001さん

2012/2/2514:50:00

はじめまして♪

16ビット、44100Hzは 音楽CDの規格です。

それ以上のサンプリング周波数、ビット数に関しては、そう言う音源にも対応出来るという部分で、高い数値が有れば音が良いと言う訳では有りません。

パソコン側の設定をどうしようと、元のデータの取り込み密度(録音時の状況や入手時の状況)次第です。


絵を描く面積の広さや生地の白さのような物で、そこに描かれた結果として、クオリティーを高められる可能性が有るというだけで、へたくそが書いた絵はそれなり。まして拡大コピーしたから高解像度と言う物でもありません。

切り替えて聴き比べてみればわかるでしょう。元のクオリティーと再生するアナログ環境の方が影響が大きく、ほとんど差を感じないと思いますよ。

質問した人からのコメント

2012/2/28 10:10:03

お二人の回答をじっくり読んでもっと理解を深めたいと思います。
有難うございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mac********さん

編集あり2012/2/2614:08:17

設定値はあくまでも設定値で、変更することで、ある一定のソースの音質が変化する機能はありません。

windows7/vistaであると仮定して回答しますが、共有モードのサンプリング周波数/出力ビット深度の設定は、wasapi共有モード時に信号を出力する際にどこまでの入力信号の入力を許容するか、またどの設定で出力するようにするかを定義します。

例えば、44.1khz/16bitの音源を共有モードで再生したとします。その際の共有モードの設定は192khz/24bitだとします。

DAC機器やサウンドカードから見た、この時の音源のサンプリング周波数/出力ビット深度は192khz/24bitとなります。

共有モードの設定で信号出力形式が固定されるため、このような表示になりますが、新たに情報が付加されるような処理ではない(足りない部分はパディングという処理で、意味のない情報が埋め込まれる)ため、単に表示が見かけ上変わっただけに過ぎませんので、音質的に優位なことは特にありません。

機器が使用できる最大の設定にしておけば、基本的にその設定を固定で使っていいものと判断しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる