ここから本文です

映画などでよく聞く懲罰房ってどのような苦痛で反省させるんですか? 日本にも...

大塚智範さん

2012/2/2708:57:27

映画などでよく聞く懲罰房ってどのような苦痛で反省させるんですか?

日本にもアメリカにも刑務所にはあるみたいですが。

閲覧数:
24,324
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

おっさん

2012/2/2714:06:09

経験しました。

『鎮静房』といいます。

昔は革手錠や大きな袋に入れられていましたが、今はそんなことは一切しません。

鎮静房には窓がありません。24時間カメラで監視されています。

もちろん、テレビもラジオもありません。

私が某刑務所で体験したことを話します。

あることで、職員(刑務官)と口論になり、掴み合いの喧嘩になりました。

職員から非常ベルを押され数十秒後には職員が50名程走ってきました。

その中には、ビデオカメラや手錠、警棒を持った職員が何人もいて、すぐに

押さえ込まれました。(ガルウイング)解りますか?

両手を持たれ腕を後ろ上にされることです。(車でドアが上に開く形…ランボルギーニ等)

そして、ライト付ビデオカメラで撮られながら鎮静房に…

その中は、部屋の角がなく八角形でした。

ただ、トイレがあるだけで、そのトイレも自分で流すことができません。

床は畳ではないです。コンクリートにペンキを塗ったような感じ。

そんな中、座布団はなく毛布を切って縫い合わせたような物。

食事はカップめんのような容器で持ってきます。

箸ではなく、紙スプーンです。ちょっと大きめのペットボトルに、ぬるめのお茶。

何にも所持できません。

寝るときは布団ではなく毛布が7枚だけでした。

頻繁に換気扇が回り、ちょうど1月でしたから、すごく寒かったことを覚えています。

天井には監視カメラが…24時間見られていますから、食事をすれば大便も出るだろう

と思い、私は 丸一日食事をしませんでした。

丸一日経った頃、職員から食事をしないと ここから出さない といわれ、目の前にあった

カレーライスを速攻で食べました(笑)

この一件で懲罰40日を科せられ、3年の受刑生活をエンジョイしてきました(笑)

質問した人からのコメント

2012/3/4 23:13:06

お三方ありがとうございました。

映画でしか知らない世界で、プリズンブレイクみてガクブルです

「懲罰房」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kwn********さん

2012/2/2817:05:29

懲罰房(ちょうばつぼう)とは、刑務所に服役中の被収容者が刑務所内の規則に違反した場合、もしくは小規模な喧嘩、またはそれらに準ずる行為など、警察などに頼らず刑務所内で処理できる問題行動を起こした際に、一定期間入れられる収用部屋の隠語である。
懲罰房と言われる部屋は、実際には存在しない。(但し、保護室と呼ばれる部屋は存在する・後述)刑務所内で被収容者の間で使われる隠語の一つである。

実際は、いわゆる昼夜間単独室のことである。居室の構造は、一般の単独室と基本的に同様である。 刑務所内で反則行為を行った場合の懲罰受罰中に入れられる部屋で、他の被収容者の刑務所内における活動範囲から隔離された場所にあり、入れられる被収容者は静かに反省しながら過ごすことになる。なお、反則行為を行った際に被収容者(受刑者)は『調査隔離』の身分となるが、その際にも同様に昼夜間単独室での隔離収容となる。懲罰を受けることとなったとしても、部屋はそのままで受罰させることがほとんどである。

その特殊性から、過剰収容下にあっても一部屋につき一人で、原則外には出られず、懲罰執行中は、他の被収容者とのコミュニケーションは一切なく、孤独な生活を強いられる。また、映画や漫画のように食事や睡眠時間などが減らされることはまずないが、一般の囚人に認められている読書や新聞、テレビ視聴、体操といった娯楽は禁じられ、宗教教誨を受けることや各種慰問行事等への参加さえすることができない。しかし、ここ最近の傾向としては、収容者数の増加によって昼夜間単独室が懲罰受罰者で満室となることが常態化していることから、本来1名で受罰する所を2名で収容し、受罰させることがほとんどの刑務所で行われており、受罰によるストレスや、狭い2名での収容からくる人間関係の悪化等により、受罰者同士の喧嘩や争論が後を絶たない。

しかし、運動時間や入浴時間は週1回を下回らない範囲で保障されている。受罰中1回目の入浴は受罰言い渡しから起算して7日目で、運動はその翌日。2回目からは5日に1回入浴・運動が行われる。一般受刑者が入浴の日には、懲罰受罰中で入浴の相当日では無い者は、「拭身(しきしん)」と言って、バケツ1杯程の湯を渡されその湯を使って体を拭いたり、頭を洗ったりすることができる。拭身は、受罰という身分上から収容されている部屋の中で行われる。

なお、「懲罰房に入る」と一口に言っても、被収容者の状態によりそれぞれ違いがある。例えば、何かと暴れる等、一定の要件を満たした被収容者は、特別な構造を持つ保護室に収容される。状況によっては第二種手錠やヘッドギア、拘束衣をかけられる。その際、水洗トイレはあるが、下着を脱いだり排便の後の始末といった作業が自分でできないことになるため、使用時間や使用方法は細かく規定されている。

他には、網房(あみぼう)と受刑者間で呼ばれる特殊な舎房も存在し、本来普通の収容房としてある部屋のガラスに金網を貼りわたし、部屋の上に監視カメラを設置し、対象収容者を24時間体制で監視して収容する。

左右の手を縛るだけでなく、両手をへその位置や背中で固定する革手錠は,法務省令の改正により廃止されている。

2012/2/2709:46:34

革製の締衣を着せられ
後ろ手錠で証明も暖房も空間も極限に狭い部屋です
両手も後ろ廻しになっているから
食事も四つん這いで
口でそのまま食べます
こんな部屋を持っていて
何が教育刑ですか
法務大臣が必ず滞在して貰いたい部屋です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる