大名の石高とは、なんですか。お金に換算できますか。教えてください。

大名の石高とは、なんですか。お金に換算できますか。教えてください。

日本史30,681閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

石高は、お米の取れ高なので、米価基準で良ければ換算出来無い事は無いです。 只、其れだけでは正確な経済実態の把握は十分では無い事から、米価から当時の物価指数を推算すると言う、間接的方法が取られる事が多い様です。 (|…o±\o

その他の回答(3件)

2

大名の領地で1年間に取れるお米の量です。 「石」とは江戸時代以前の日本の容積の単位で、1石で180リットル。 米だともし1石入りの樽や俵に入れると、150キログラムに相当します。 10万石の大名とは米を10万石収穫できる領地を持つ大名という意味です。 1年間の収穫高は10万石で約1万5千トンになります。 もちろん全て大名が取り立てられる訳でなく、4公6民とか3公7民などといった年貢率があって、10万石で3公7民の年貢率の大名がいれば、10万石(1万5千トン)のうち30%、3万石(4,500トン)を年貢として徴収します。 前の方の計算の仕方に従うと入ってくる年貢は30,000石、1石=128,000円として30,000石×128,000円で38億4千万円。 このお金で藩の政治を行い、藩士を俸禄を出し、城や江戸藩邸を維持し、参勤交代を行わなければなりませんでした。 なお1万石以上の石高を持つ武士を大名と呼び、最大の大名は加賀前田藩100万石、また徳川幕府は400万石を持っていたと言われます(数え方によっては800万石)。

2人がナイス!しています

0

石高は現代のGDPあるいは域内総生産と考えればいいです 加賀100万石という表現があります 加賀は米どころで100万石の米生産量があったことになっています これはあくまでも帳簿上のことで、実際はもっとあったわけです その他の農作物・海産物・工芸品も含めれば何百万石相当になります 一石(150kg)の米の値段は現代ではおおよそ4万円(ブランド米はもっと高いが)ですので、100万石というのはおおよそ400億円の価値に相当します つまり本業の売上400億円の企業と同レベルということができます(実際はその数倍あったので1000億を超えているでしょうが) 400億の企業なんて現代ではいくらでもあります しかしこれは農業と漁業くらいしか産業のなかった当時にはとてつもなく大きい企業体であったということができます 米の値段は時代によってかなり変わるので1石=4万円という換算は大雑把です 江戸時代の一石は現代の感覚で言えば高卒初任給くらい? ちなみに1石は一人の大人が年間に消費する量であるとされていました 現代は副食が多いのでせいぜい100kg程度ですが

0

その領地で獲れる米の量で表していました。大体の換算は出来ます。 米1石(150kg)≒1両ほどでした。この価格は江戸時代を通じてそんなに大きくは変わりませんがお金の価値が下落していくので換算は時期によってかなり違います。江戸文化の栄えた文化・文政の頃を例にすると1両≒128000円ほどです。計算の都合上10万円としても差し支えないです。 従って100万石は1280億ですが、実際の藩の収入は4公6民(40%の税率)です。