ここから本文です

建築分野で、鉄筋コンクリート構造物の鉄筋加工組み立ては、なるべく結束する方法...

una********さん

2012/3/119:36:47

建築分野で、鉄筋コンクリート構造物の鉄筋加工組み立ては、なるべく結束する方法で行い、溶接は
避けるって聞いたけど、なんででししょうか?

土木分野では、溶接を多く使用してるような気がします。

閲覧数:
1,042
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

noi********さん

編集あり2012/3/120:00:20

溶接すると鉄筋の引っ張りの強度が落ちますし、鉄筋交点の溶接はショートビートになりますので、重荷がかかったときに崩れてしまうことがあります。
それにスラブや壁部を溶接するとなると、ちどり結束だとしても、ものすごい作業時間がかかり型枠大工の作業がおくれます。

土木分野(基礎)でも、鉄筋を固定するときに溶接を行い、交差している部分の大部分が結束線です。
記憶があいまいですが、基礎の場合は交差している部分は全結束が基本だったとおもいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kkd********さん

2012/3/122:01:46

建築でも土木でも鉄筋の組み立ては基本的に結束です。
溶接は鉄筋の断面欠損となるので避けます。
土木で使用している溶接は継手部のフレア溶接です。
使用例としては、橋脚の帯鉄筋の継手があります。
耐震基準では、橋脚の帯鉄筋の重ね継手は両端にフックを付けてコンクリートに定着させることになっています。
(主鉄筋の拘束効果を高めるため)
しかし、非常に組み立てが困難な場合は、継手をフレア溶接で接合させてもかまいません。
溶接の幅や長さは規定があり鉄筋の径で決まります。また溶接は有資格者が行う必要があります。

2012/3/119:45:26

建物がゆれた時に コンクリのなかで動くと聞いた事が有ります 私は 溶接派です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる