ここから本文です

源泉徴収されているのに、確定申告すると何十万もの追徴がくるのはなぜなのでしょ...

nis********さん

2012/3/716:04:47

源泉徴収されているのに、確定申告すると何十万もの追徴がくるのはなぜなのでしょうか??

源泉徴収されているのに、確定申告すると何十万もの追徴がくるのはなぜなのでしょうか?? 勤労意欲がなくなるのですが・・・ 税理士の電話相談では、複数の所得を総合した結果、累進課税により税率があがったのではないか、とのことですが、年末調整済みの給料以外の収入は微々たるものなので、そのような影響があるとも思えないのですが・・・ どなたか詳しい方、教えてください!!

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,023
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yea********さん

2012/3/716:20:07

nisecozzeさん1
年末調整済みの給料以外の収入は微々たるものなので、
追徴されるような影響があるとも思えないでしょうが
数字は嘘は付きませんから、あなたにとって微々たる金額でも、
累進課税率の限度範囲を超えると
課税率が1ランク上になります。
5%、10%、20%、23%、33%と最高40%まで課税されます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ter********さん

2012/3/719:32:03

>年末調整済みの給料以外の収入は微々たるもの(数万円)

これが真実であるとせれば、考えられるのは、
① 年末調整が間違っている
② 複数の事業所に「扶養控除申告書」を提出している
③ 複数の事業所で年末調整を行っている

等の理由で、源泉徴収税額が間違っている

nag********さん

2012/3/717:25:29

税金は収入以上に納めることにはなりませんから最低でもその何十万の倍以上の年調済み給与以外の収入があるはずです。その微々たる収入はいくらぐらいなのでしょう?
仮にその収入が給与であって源泉徴収されていたとしてもおよそ3.5パーセントの税率が高ければ40パーセント(厳密には正確ではありませんが)程度に化けるわけです。
それが不動産所得など源泉徴収されていないものであればそれに同じく税率がかかることになります。

もう一度その微々たるものと増えた税金とをよく見比べてください。

mam********さん

2012/3/716:41:17

他の方がお答えになっているとおり、微々たる金額がいくらなのかにもよりますが、質問者様は税率が高いのだと思います。毎年給与以外の収入があり確定申告されているのでしたら、年末調整せず確定申告をすることをオススメします。源泉徴収されていても1度年末調整(所得税の清算)を主たる給与所得のみでされるため、控除がかわらないまま所得が増えると追徴になります。年末調整せずに確定申告すれば、追徴の金額も下がるか還付となることと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる