ここから本文です

AIJの違法性と証券取引委員会の責任

yam********さん

2012/3/1004:39:45

AIJの違法性と証券取引委員会の責任

コンサルタント会社が、2006年1月に、「AIJに不正な動きあり」と、

証券取引委員会に通知した。当該委員会は、これを無視。

2012年1月に、調査に入った。6年も知らん顔してたため、被害が拡大したのは事実。

この責任は、誰が、何時、どうやって取るのでしょうか?????

どう思います??????

閲覧数:
126
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アリオンさん

2012/3/1012:20:17

一般的には、証券取引委員会が、厚生省と協力して、真相究明すべきである。

6年もほおっていたんだから、被害は甚大ですよ。

AIJを潰すだけで、誰も責任は取らないでしょう。民間企業の損失で、御仕舞い。

質問した人からのコメント

2012/3/10 13:38:40

爆笑 ありがとう

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

その「責任の所在」が曖昧に出来てしまうところが今の統治組織の大きな問題点です。

で、いざバレても大した罪にならんし、へたすりゃクビにすらならない。

いたるところ「なあなあ」だらけ。

有権者を舐めきっています。

lifeateさん

2012/3/1005:43:07

この問題は保険会社が販売する保険商品と違って公的年金の位置付けとなっており、契約者に対する自己責任を問う事は難しいでしょう。
どちらかと言えば、金融庁と厚生労働省の監督不行き届きで有り、国に責任を求める声が挙がると思います。
この事件によって厚生年金基金の信頼が揺らいでおり、場合によっては他の厚生年金基金にも影響が及んで解散になる可能性が高いと思います。
また、厚生年金基金は年金保険料を算出する重要要素として予定利率が有りますが、5.5%の運用で計算されており、運用難のこの時代では多くの厚生年金基金が大きな赤字を抱えています。
こうした事態を打開する為にも毀損した年金資産を補填する為に税金が使われ、結局は国民負担となっていくのだと思います。
我々国民が拠出する年金保険料と税金は官僚と政治家によって食い物にされている実態がよく分かります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる