ここから本文です

テレビマスコミのリベンジ、セレブの意味の使い間違いについて

mogutannarutangonさん

2012/3/1418:52:35

テレビマスコミのリベンジ、セレブの意味の使い間違いについて

テレビのスポーツニュースなどで、浅田真央ちゃんがリベンジに挑みます等の
リベンジの使い間違いが気になります。リベンジは報復する 復讐すると言う意味で
雪辱を晴らすとか再起をかけると言う意味ではありません。
復讐や報復なんてスポーツマンシップに相応しくない言葉だし
同じく有名人を表すセレブを大金持ちと言う意味で使用して
世間一般には無名な人物でも大金持ちなら誰でもセレブと呼ぶ風潮もおかしいと

リベンジと言う言葉は80年代末期~90年代初頭あたりから少年漫画等で不良少年同士の
抗争の場面などで使われる様になって人気漫画遊戯王でも城之内や本田が使ってました
これらの漫画世代の松坂大輔選手がリベンジと口にした事で一気に有名になったと記憶してます。

言葉のスペシャリストであるハズのテレビマスコミがなぜ最初の時点で使い間違いを指摘せず
報復だの復讐だのと品の無い意味の英語をよりによってスポーツの場で多用するように広めてしまったのか?

閲覧数:
1,925
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

npo207crachさん

2012/3/1721:27:57

revengeを直訳すれば、おっしゃるように報復する 復讐するという意味になります、しかし含まれる意味はそれだけでななくて「雪辱を果たす」という意味が含まれて射ます。
辱を果たす」とは試合に敗れて恥をかいた悔しい気持ちを次回は「洗い清めて拭い去る」の意味で「雪(洗い清める)」「辱(恥)」となります。
これは英語でも同じ意味で使われます。
アメリカではボクシングの「リベンジ・マッチ」の試合で「revenge」の言葉がよく使われるようになりました。
報復、復讐よりも自分の不足している面を改良するために、もっと努力と精進を積んで再挑戦するといった自分自身の自戒の意味が込められています。
ボクシングは格闘技ですから相手への復讐という意味も含まれているほうが言葉の強さも感じられてパフォーマンスとしても力強さが感じられるので少しは意識して「報復」というニュアンスを伝える事もあるでしょうね。
でもスケートでは相手へのメッセージではなくて自分自身に発せられる自戒の言葉です。
アナウンサーもその意味を理解して使っている筈です。

もう少し軽い意味では「クイズに連敗が続いているのでリベンジします」などと使われます、これも復讐ではなくて、気持ちを切りかえて頑張って再挑戦します、という軽い意味です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/3/1422:30:24

あなたは「お年寄り」ですか?

そんなこと言い出したら、和製英語はなくなりますよ。

というか、言葉とは日々進化するものです。

世間一般にスムーズに意味が通るワードを使うからこそのプロです。

ami_kaitokunさん

2012/3/1419:05:55

私も全く同じ思いでした。 松阪の時にかなり一般的に使われだして、そしてアナウンサーまでが使い出し「復讐」「報復」って喚いている。 教育を受けたアナウンサーがいう言葉か、ホントにバカじゃ無いかと思います。外国人が聞いたら日本人はなんて攻撃的な民族だって思いますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。