ここから本文です

基礎土台補強工事についてお聞きします。

okiyosan774さん

2012/3/1613:27:46

基礎土台補強工事についてお聞きします。

片面補強(アラミド繊維シート使用)の場合、土台の内側のみの補強は有効でしょうか?(耐震補強は除きます)

一般的な基礎土台補強工事の方法、費用等も教えて頂ければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

閲覧数:
9,639
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/3/1915:52:11

どういう力に対してどこを補強するのか?にもよりますが、
基礎のひび割れなどを抑える為に基礎を補強するという意味では有効と考えます。補強したい基礎のヒビ割れの状況やひび割れ箇所をはさんでどの程度の幅で補強をするのかでも差が出るでしょう。施工面が広ければ強くなるでしょうし狭すぎては効果が出ない可能性もあります。かといってやたらに広く塗るのも費用が嵩んでしまいます。
もちろん同じ場所を両面で補強すればそのほうがさらに強くなるでしょう。
外側を施工する場合、仕上を奇麗にするのが難しかったり、補強剤の上にさらに仕上剤を塗ったりと手間も費用もかかります。
内側片面だけでもひび割れのない健全な基礎以上の強度を得ることができます。
業者さんや施主様によっては、アラミドシートを使わずに工事費を抑えたりする場合もあります。補強剤だけでも効果を発揮するということです。またアラミドシートではなく、カーボンシートやガラス繊維シートを使う場合もあります。
補強剤の中にもアラミド繊維やカーボン繊維が配合されていて繊維が絡み合って硬化して効果を発揮します。
メーカーの指示通り施工すれば基礎の強度UPは期待できます。
どこのメーカーでも片面、両面、シート有り無しのサンプルで引張り、圧縮、曲げ、接着力の試験を行ってデータを取っていますから、何もしないより強くなることは間違いないと思います。
普通の接着剤や糊と同じで、使用面を奇麗にしておかないと接着力は発揮されません。また、補強剤とシートの間に空気が入ると強度が発揮されない場合があります。
価格帯はシートの使用の有無やシートの種類、業者さんによっても差があると思います。15,000円~25,000円/m位だと思いますが、補強剤が使いきり商品なので、施工する広さによっても変動すると思われます。

他に、クラックの箇所に穴を開けて同じくエポキシ樹脂を中に圧入したり、金属のプレートを基礎・土台にケミカルアンカーやボルトで固定してヒビ割れが広がるのを防ぐ方法もあります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2012/3/1818:42:51

アラミドは施工をしっかりしなければ剥がれますよW

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。