ここから本文です

学校の先生(一応公務員)の授業がつまらなくて、騒ぐと公務執行妨害になるんです...

mac********さん

2006/6/620:58:08

学校の先生(一応公務員)の授業がつまらなくて、騒ぐと公務執行妨害になるんですか?殴ると公務執行妨害ですか?

閲覧数:
766
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hiz********さん

編集あり2006/6/621:41:14

刑法・第二編第五章 公務の執行を妨害する罪

(公務執行妨害及び職務強要)
第九十五条
公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、三年以下の懲役又は禁錮に処する。
2 公務員に、ある処分をさせ、若しくはさせないため、又はその職を辞させるために、暴行又は脅迫を加えた者も、前項と同様とする。

とされております。騒いで授業を妨害した程度では該当しないと思いますが、先生の授業を暴力で阻止しようとすれば、該当します。
殴れば、公務執行妨害よりも傷害罪(こちらの方が罪が重い)になります。

質問した人からのコメント

2006/6/9 00:18:31

勉強になりました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ohn********さん

2006/6/623:28:01

これは、「公務は業務に含まれるか」という古くからの論争点に関わる問題であり、学説上、決着が付いていない問題です。

これが何故問題となるかといえば、公務執行妨害罪の手段が暴行・脅迫であるのに対して、業務妨害罪の手段が威力・偽計・虚偽風説流布とされているからです。

学説は、多岐に亘りますが、代表的なものだけを取り上げたいと思います。

否定説(公務は業務に含まれないとする立場)によれば、騒ぐ行為は無罪、殴る行為は公務執行妨害罪となります。

否定説は、私立学校の授業で騒げば威力業務妨害罪になるのに、国公立学校の授業で騒いだ場合無罪となるのはおかしいと批判されます。

肯定説(公務は業務に含まれるとする立場)によれば、騒ぐ行為は威力業務妨害罪、殴る行為は威力業務妨害罪と公務執行妨害罪とが成立します。

肯定説は、公務員に対する暴行・脅迫について常に威力業務妨害罪・公務執行妨害罪の両者を認めるのはおかしいとか、自力執行力のある公務については公務執行妨害罪で保護すれば足り業務妨害罪で保護する必要はないと批判されます。

折衷説(非権力的公務は業務に含まれるとともに、公務を権力的公務に限定する立場)によれば、授業は非権力的公務ですから、騒ぐ行為は威力業務妨害罪、殴る行為についても公務執行妨害罪は成立せず威力業務妨害罪が成立します。

判例の立場は必ずしも明確ではありませんが、折衷説に立脚していると思われます。

なお、教師が負傷すれば傷害罪が成立することについては、争いがありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる