ここから本文です

宗教は無力か 今の日本国家をみれば、昨年から続くアラブやかつての安保闘争の...

cop********さん

2012/3/2916:14:48

宗教は無力か

今の日本国家をみれば、昨年から続くアラブやかつての安保闘争の時のように、暴動や革命がおきても不思議ではないのに。 こんなにおとなしい国民になってしまった理由は何があるのでしょうか!

イスラム教国はもとより、チベットやタイでは僧侶の焼身自殺など、鋭い体制批判がおこされています。
がしかし日本の宗教界では、とりわけ新興宗教にもかかわらず体制批判どころか体制におもね搦め捕られている。
原発反対の一言すら言えずどうして民を救えるものか?

堂々と講釈をぶち本までだす主宰の気分が理解できませんし、やはり阿片かと思わざるをえません。

閲覧数:
156
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sps********さん

編集あり2012/3/2921:29:57

貴方が国家を憂う心痛お察しします。

誠心の革命は若者の熱情から始まるものですが、1960年代の安保
闘争後、平和教育の元に若き獅子の牙は抜かれ、腑抜けた従順な
人間を創り上げた教育そのものが原因であると思っております。

宗教家においては邪僧が横行して邪説を説いては、お布施と称して
無知な弱者から金品を収奪し、絢爛豪華な寺院や会館を建立して
贅沢三昧をしているのが現代の似非宗教家と言われる輩どもです。

創価学会やその他宗教団体が本物の宗教家であるとするなら、時の
政権や役人と癒着していないで、団体トップは一命を賭して国家国民
の為に救済闘争をするのが真の宗教家であると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuk********さん

2012/3/2916:29:25

60年安保の時代には共産主義に希望がありました。70年安保のころには、まだ北朝鮮への錯覚がありました。80年安保のころには共産主義独裁は国民に何もよいものをもたらさないことがわかりました。90年安保のころには安全保障協定が自動継続になったのでなにも起こりませんでした。

最近の普天間闘争の参加者を見ていると歳をお取りになったと思いますね。まだ、情熱が残っているんだと感じます。

unt********さん

2012/3/2916:27:22

日本の宗教は本来の宗教ではありません。
各自の死んだ親を拝んでいるだけです。(墓参り教です)

死後の世界を担当しているだけで、生きている人間と向き合おうとしません。
阿片ほど影響力のないのが日本の宗教です。

mas********さん

2012/3/2916:27:15

宗教団体は有りもし無い神様を作り立てて税金も払わ無いで 国と一体で国民を牛耳って‼
我が世の春を謳歌してます、
宗教団体などは詐欺集団です、、、、、、、、、

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる