ここから本文です

「Angel Beats!」を叩く人ってどーゆーところを叩いてるんですか?

斉藤さん

2012/4/422:39:15

「Angel Beats!」を叩く人ってどーゆーところを叩いてるんですか?

閲覧数:
316
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

elm********さん

2012/4/808:53:43

自分は叩く気はありませんが、基本的に1クールでやるには内容が多すぎたことですかね…?
2クールでやってもよかった気もします。
まあ、自分はあれで満足です

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

000さん

2012/4/517:06:13

ABは好きだけど、あれは叩かれても仕方ない作品だと思っています。

風呂敷は綺麗に畳めず、世界観や消滅などの設定も非常に曖昧な上矛盾が生じ、後半の急展開や駆け足展開といい。

キャラ数が多すぎ。
1話から何十人出しているだ、って話。

ただでさえ短い話数の中に色々と詰め込みすぎなのに、キャラも大量に詰め込んでゴッチャゴチャな出来になっている。

tib********さん

2012/4/510:02:31

私は「Angel Beats!」が好きですが、反発を感じる部分はあります。

1.何をしても死なない世界だからといって、何をしてもいいわけではない。
ですが、作中では、命をギャグでやり取りしているように見える部分が多く、どことなく反発を感じました。

2.世界には、何一ついいことなく死んでいく人達がいる。
公式サイトを見ますと、一字一句そのままではありませんが、「どんなに辛いと思った人生だって、いいことはあった。だから、人生は尊いものなんだ」というようなメッセージを込めた人生賛歌だと書いてあります。

ですが、例えば、発展途上国に行けば、生まれた時から生きるだけで精一杯で、敵に父親を殺され、母親や女兄弟を犯され、自身は少年兵に取られて、虐待されつつ戦って死んでいくという人がいるんです。

日本にいると幸福だと言われますが、これだけ雇用が崩壊した中で、バブル崩壊後、自殺者数が20%以上増えたままなんです。

それを、人気ゲームメーカーでまともな生活をしている人が、「それでもいいところはあるはず」と決め付けるのは、傲慢な態度だなと感じました。

最も、あの「死んだ世界」には自殺した人はいない(ゆりが言っていました)そうですが、最初から、自殺するほど悲惨な人生を歩んだ人は別とでも言っているのでしょうか。

3.回収していない伏線がけっこうあった。

4.主要メンバーの中で、何故、成仏できなかったかの描写が無い人が多かった。

5.成仏できなかった理由が、大したことでないものがあった
日向の、セカンドフライを落としたから成仏できなかったというのは、「え?それだけで?」と驚かされましたね。

6.主題に対して、尺が短かった。

等が挙げられると思います。

知恵袋によくいるアンチになり下げる気はないですが意見として1つ。


まず期待値が高すぎた。
key作品というだけでブランド力が強い。まぁ作画のよさ、キャラの可愛らしさは最後まで貫いたけど。

だからこそあのストーリー構成は許せない。

よく2クールだったらとかいう意見を見ますが多分大して変わらなかったと思います。どうせその分日常編長引かせただろうし。

・死後の世界だと!?

・天使たん倒してどうにかするどー

・天使たん天使じゃない・・・だと!?

・未練回収して成仏するか!! ←ここ

意味が分からない。どうしてこんなシナリオにしたんだマジで・・・

最後の方シナリオ展開詰めすぎたというのも勿論ありますが、正直無理矢理泣かそうとしているようにしか映らなかった。それくらい無目的の行動に感じられたんだよ、おとなーし君。

曲も作画もキャラもほぼすべて完璧に近かったけど泣かせるためだけに最終回もってくのはいただけないな、と。


いうのがAB叩いてる私の意見。

kmk********さん

編集あり2012/4/423:10:52

「Angel Beats!」を叩いた事は一度もありませんが、
後半の展開は性急過ぎました。
脚本のペース配分を間違えたのだと思います。
時間を気にしないで書けるゲームのシナリオと
1話を実質20分で13話にまとめなくてはいけない
アニメの脚本では勝手が違ったのでしょう。

zin********さん

2012/4/423:03:51

断っておきますが、私は「Angel Beats!」賛成派です。確かに今までのだーまえ作品とは毛色が違いましたが、純粋に作品としてみて面白かったし、この作品を最低ランクに位置付けるのなら、他のアニメはどうなんだって話になりますよね。

話を戻してアンチ派の人はこのようなとこを叩くのだと思います。

・主人公がマジキチ
音無達がユイを成仏させた後、「次はだれにするかなぁ。奏の意見も聞いてみるか」と言いましたが、
その時話が破綻していると感じていた人は「なんだこいつ、勝手に人の気持ちも知らずに成仏させやがった!次は誰を、マジで殺人鬼発言だな」
と思うのだと思います。

また、岩沢たちが成仏した後、影がいきなり襲いかかってきた時、音無は一人で猛ダッシュで逃げていきました。
その以前に「仲間を守りたい」という発言をしていたため、「仲間見捨てて逃げやがったこいつ、最悪だな。」
と感じた人もいるかと思います。

・話の掘り下げがあまりにも少ない。
CLANNADのアニメ版を思い出してください。二期もありましたが、ほとんど渚と智也の話でしたので割愛とします。
杏、智代、風子、ことみと主なヒロインには少なくとも5話程度与えられていました。
だから相対的に掘り下げがより深くでき、各ヒロインごとに完結したまとまった話があり、骨組みがしっかりしていたので「神アニメ」と言われるようになったのだと思います。

しかし、AB!は12話という1クールに主要ヒロイン 奏、ゆり、ユイ、岩沢という話を無理やり押し込んでしまったのでサラリと話が流れて行ってしまい、カタルシスが全くと言っていいほど感じられなかったと思います。故にアンチの方は
「話数が足りない」 「ヒロインルートはどこへ行った」 「話が欠落している」
と感じるのだと思います。

回答を終える前に一つ断っておきます。

※私はAngel Beats!という作品についての、私なりの一つの意見を述べさせて頂いただけであり、否定派の方々の意見を否定するつもりは毛頭ございません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる