ここから本文です

築30年以上の中古一戸建て

yoz********さん

2012/4/423:18:46

築30年以上の中古一戸建て

実際に買って住んでみて、後悔したって人いますか?
もしいましたらどの辺がダメだったのかお聞きしたいです。

逆に価格の安さ以外に良かった点がもしあれば!

閲覧数:
11,999
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2012/4/602:50:05

良かった点がたくさんありました。
白蟻との共存生活。
ムカデとの共存生活。
Gとの共存生活。
ミッ○ーマウスとの共存生活。
寝ている間に口の中でカメムシを飼育。
室内豪雨という罰ゲーム。
絶え間ない冬の隙間風との耐久レース。
毎年行われる配管漏水とのあくなき戦い。
漏水に伴う水道料金数万円との戦い。
新築と言わないまでも、築浅中古住宅やリフォーム住宅へのあこがれ。
おしゃれな家に住む友人を招き入れるときの劣等感。

数えきれません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a01********さん

2012/4/601:19:49

古い建物だからと全部を、ひとくくりには出来ないですね。在来工法(総檜)で造られた家は、香りが高く心が休まりますね。日本の風土の中で、年輪を重ねてきた木材は、強度が強く構造材や内装材にしても、非常に良質な木材ですね。樹齢の100年~300年の天然無垢材で、使った建物は貴重品ですね。そういう建物だったら、価値の有る建物だと思います。兜門から石田畳を越え、つくばいで手を洗い玄関へ向かう、天井は五目天井で、吹き抜けのホールには、絞り丸太の1尺物が、建物の存在感を表している。梁や柱や上がり框は欅で、樹齢500年物を使って居そうな、建物だったら古い建物で有ってもあじが有り、そういう建物だったら買って、住んでは如何でしょうか?

nak********さん

2012/4/510:44:53

古い家って、立地条件が良い場合が多いです。それをリフォームして、自分の好みにしてから住めます。

木造の場合、どうしても補修が必要だし、隙間が大きくなって、冬は寒いです。

築18年の家を管理していますが、床がたわんで直すのに結構費用がかかります。

もしかしたら、建て直した方が安いくらいかもしれません。

run********さん

2012/4/501:56:05

築30年は
微妙な年代です

2012-30=1988年

まず耐震性が古い基準。水道配管が鉄管あるいは塩ビかも…。

基礎が明らかに
地盤から立ち上がってるだけのもの。
コンクリートで覆って
湿気対策してないですねシロアリ対策してあっても期限切れ
下手すると
フカフカしてしまってる柱や梁もあるかも
30年間地震に耐えてきましたが、必ずどちらかにたわんでます。
ドアやふすまの隙間。
柱の縦ヒビ、土台のヒビ。屋根の耐水性
耐震金具のない骨組み。
築60ぐらいのものは
古ければ
古民家として付加価値がつきますが

屋根裏や壁の中も
断熱材が入ってないかも
屋根裏の屋根の下地も
むき出しかも

瓦の下地も耐水性シートが無く
土セメント使ってるだけかも

冬は寒いかも

排水管の処理が悪く
隙間があり

床下から気持ち悪い
ゲジゲジ虫やムカデやコオロギやゴキブリが
わんさか入ってくるかも。

sob********さん

2012/4/423:22:14

やはり中古は中古、帯びに短し、タスキに長し・・・・・・・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる