ここから本文です

健保組合が高額療養費、付加金等の被保険者あての支払いを、自動的に事業主経由(...

kim********さん

2012/4/516:21:01

健保組合が高額療養費、付加金等の被保険者あての支払いを、自動的に事業主経由(つまり会社給与上乗せ)で行っている企業に対し、厚労省より健保組合に対し

、「事業主経由での支払いを行う際には、個々の被保険者からの「受領委任状」の提出が必要との指示を受けました。
という状況での質問です。
1 高額療養費等は、通常健保組合から事業主経由で給与上乗せで支払われるのが普通でしょうか?それとも、通常は個人宛直払いで、事業主が受け取るなんて事は有り得ないのでしょうか?
2 健保組合(業務命令上はつまりは会社と同義)から、各社員に対し、「受領委任状」を当然のごとく提出するよう指示がありました。この指示に対して、法的に選択は可能でしょうか。つまり、ある個人は、事業主委任ではなく、自分あてに支払ってほしい。という意向です。
3 こういった会社側が高額療養費を受け取るシステムでは、不正が行われることはないでしょうか。つまり、高額医療費の発生は好ましくないため、何らかの操作をするなど。
4 その他、特記事項があればご教示ください。

閲覧数:
1,107
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

muk********さん

編集あり2012/4/920:06:23

高額療養費に限らず、ほとんど全ての給付金は原則本人口座に振り込まれます。
本人死亡や認知症で判断力なしの場合など特殊な場合のみ、家族や後見人などからの申請もありますが、全く自動的に事業主経由などありません。(海外療養費のみ、本人口座が海外の場合は振り込みできないため事業主口座経由ということはあります。)
あくまで本人が委任しなければ事業主は受け取ることができません。
だからこそ厚労省はそのように指導しています。

次に会社が不正をすることがあるかという問題に先に答えます。
健保=会社である場合、健保から各被保険者に高額療養費を支給するとそれだけ振り込み手数料がかかります。
会社に一括して支給し給与に併せてしまえば、それだけ振り込み手数料を削ることができます。給与は高額療養費と関係なく毎月全員に振り込まれるから削りようがないが、高額療養費の振込手数料はほとんど考えなくてよくなります。
つまり、あくまで合法の範囲内でのコスト削減を狙ったもので不正のためではないと思われます。
会社が受け取る=不正というなら、委任状を出してもらえと指導するまえに刑事事件になっています。

会社の指示に逆らって自分宛てに支払ってもらうようにすることはできます。会社はコストが増えるからという理由だけでその申し出を断ることはできません。あくまで本人の意思が優先されます。
といって、とくに断っても振り込み金額が増えることはありません。通帳の印字が一行分余計についてくるだけ、儲かるのは手数料を余計にもらえる銀行でしかありません。
特にどうしても直接健保から振り込まれたいとか会社に一円でも多く損をさせたいという理由がなければ会社経由で問題ないはずです。会社は助かります。

質問した人からのコメント

2012/4/9 21:00:51

わかりやすい回答有難う御座居ました。
この会社、無駄遣いする割に社員には経費削減にギリギリ厳しく、新製品売り込み金を会社宛て振り込ませると振込手数料莫大になるため、営業マン一人ひとりに郵便局国際ボランティア貯金通帳を作らせ、私金を入れないよ指導。毎月個人通帳点検。個人通帳に会社公金入金させ振替て安く上げてました。そんな会社なので裏があるかと思いましたがやはり手数料浮かしですか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる