ここから本文です

台湾のバイク事情について教えてください。 台湾は、言わずと知れたバイク王国...

fl@shさん

2012/4/800:49:48

台湾のバイク事情について教えてください。

台湾は、言わずと知れたバイク王国ですが
テレビの映像を見てると、台湾でバイクに乗ってる人らは
原チャリとかの、低排気量と思われるスクータ

ーばかりです。

DUCATIや、MVアグスタ、BMWといった日本円にすると
数百万円するような、ハイパースポーツバイクに乗ってる人は
台湾には居ないのでしょうか?

まぁ、そこまでの高級車とは行かなくても
SYMの最新型のビッグスクーターや、kawasakiのNinjaや
SUZUKIの隼、YAMAHAのT-MAXというようなミドルクラスの
スポーツバイクに乗ってる人も、台湾ではごく少数なんでしょうか?

補足MVアグスタや、ピアジオ、KTM、ジレラといった欧州メーカーの
バイクは利用者皆無と言って良い程でしょうか?
(上記に挙げたメーカーの存在すら知らない位)

MVアグスタなんかは、日本で買うと400~500万円はザラですが
台湾の金持ちは、そういう改造無しの元々の値段が
ハイプライスな二輪には、興味無いものなのでしょうか?
(台湾の交通・二輪状況、税金問題踏まえた上の補足です。)

閲覧数:
3,912
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2012/4/822:52:20

以前台湾に日本のバイク入れてました。
台湾のスクーターは日本で言うとチャリンコです。日本のチャリンコの数だけ
台湾にはスクーターがあります。
最近健康ブームでチャリンコも人気出てきましたけどそれでもほんの僅かです。
で、バイクですが中型251~400は全くと言っていいほど需要がないです。
数人に聞きましたけど中途半端とのことです。
でも大型は普通に人気ありますよ。DUCATI、BMW、あとハーレーも人気あります。
日本製だとYAMAHAとKAWASAKIの大型が人気です。
ただやっぱり数は日本よりちょっと多いかな~ぐらいと思います。
下世話な話ですけど高級大型車狙いの台湾人窃盗団が日本でちょくちょく捕まってます。
台湾はコピー品も含め汎用パーツが豊富なんで本当に好きで大型に乗ってる人は
大金かけてエンジンの中までカリカリにいじってる場合が多いです。

質問した人からのコメント

2012/4/14 22:56:56

降参 ご回答有り難うございました。
台湾の二輪事情が分かり、勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kle********さん

編集あり2012/4/906:50:34

以前出張で台湾に数日滞在した程度ですが、確かにスクーターばかりでしたね。車での移動の際にも街中を注意して見てましたが、どこの歩道上もすべてがバイク屋さんの店先かと思うほどスクーターが整然と並んで駐輪されていました。1度だけMTのフルカウル車(日本車ではなかった)を見かけた程度です。
またあちらの書店で購入したバイク雑誌も、中身はスクーターばかりでしたね(日本の『モトチャンプ』に似た内容でした)。

理由は税制や国土事情もあるでしょうし、また台湾のバイクメーカーもそれに合わせてスクーターの開発・生産に力を入れているのもあるでしょう。あちらのスクーターはユニークでしたねぇ…。(^_^)

kiy********さん

編集あり2012/4/816:11:01

150まではほとんど税金がかかんないんだけど、それ超えると日本で言う自動車取得税や自動車税がクソ高いんだよ。
だからみんな日常の足には必然的に150以下を選ぶ。
10年位前までは外国車に対する輸入規制や高い関税障壁もあった。
それが撤廃された今も、日本で買う車両価格の倍くらいするから、普通の人には高嶺の花だよ。

あと、みんなスクーターに好きで乗ってるんじゃなくて、台湾は狭い国土に山ばっかりで家を建てるのに向いた土地が少ない上に、台北には電車が3本しか走ってないから公共交通機関も不足している。
人口密集率なんか、確か東京の3倍くらいだったと思う。
だから人が住める平坦な土地は常に人口過密で駐車場のスペースなんか無いし、アホみたいに駐車料金も高い。
公共交通機関が不足気味なのに自動車を所有するにはハードルがとても高い、加えて山国だから坂が多く急で自転車も大変、だから通勤や日常の足には場所を食わない小さなバイクしか選択の余地がないわけよ。
日本統治下時代から今まで道路の舗装化はアジア圏の中では進んでいたから、タイとかベトナムみたいな大径ホイールのカブみたいなバイクじゃなくて、小回りのきく小径ホイールのスクーターが売れた。
なおかつ、年間250日以上は雨が降る気候だから、メットインに合羽を入れられるメリットが大きいのもメットインスクーターがこれだけ普及した要因だったらしい。

バイクを趣味として楽しむってのはホントにここ数年でやっと出てきた兆候。
ほとんどの向こうの人には基本的に、まだまだ実用の足って感覚。
それに前述したように、せっかく気合入れてツーリング行っても高確率で雨が降る気候。
大型バイクを楽しめる環境じゃないだろ。

aki********さん

2012/4/809:42:30

ハーレーが4~5台で高雄から台南方面へツーリングしているのを見たことがありますが、大型バイクはあまり見ませんね。
スポーツバイクに乗っている人も少ないですね。
250程度のスクーターも見かけないことは無いけど少ない。

4輪はBMWやベンツなど良く見かけるのでお金を渋って買わないということではないと思います。

通勤、買い物などの普段の足としては低排気量のスクーターが一番便利ってことじゃないでしょうか。
でも50ccも少ないです。非力なので敬遠されていると思いました。

90~125cc程度のスクーターだらけ。

大渋滞の中をヒラリヒラリと走り、とりあえずは車の流れにものれる、買い物荷物もカゴに収納できる、そんな道具としては250以上のバイクは不向かと。

台南では補助車輪付スクーター(足の不自由な人が乗るらしい)も見ましたし、3人乗りは結構当たり前に見ました。

rin********さん

2012/4/808:42:44

最近は知りませんが、以前は台湾は150ccを超える二輪車に公道で乗ることは出来ませんでした。

乗っていた人もいるようですが、尋常じゃない手段を利用していたようです。

rtj********さん

編集あり2012/4/809:42:54

台湾に駐在しておりますが
DUCATIの店はあるから、買っている人もいると思います。
しかし、乗っている人を見かけることはないですね。

高速はバイク禁止だし、大型バイクを乗っている場面に
出くわすことが無いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる