ここから本文です

高圧ガスに関する、第二種保安物件との保安距離と危険性について教えてください。

h_r********さん

2012/4/2213:56:42

高圧ガスに関する、第二種保安物件との保安距離と危険性について教えてください。

新築物件を探していて、立地や建物自体は、
良いのですが、気になる点がありました。

その場所は、建設会社の土地を切り売りしていて、
アセチレンと酸素を使用して溶接作業をしています。
使用しているボンベは、それぞれ1~2本位です。
ボンベがおいてある場所は、屋根だけがあり
壁も無く、防火壁などもありません。
作業場から物件の敷地までの距離は、4m位です。
物件までは、6m位です。

作業場には、消火器などの消火設備はあります。

住宅は、第二種保安物件に入るかと思いますが、
高圧ガス保安規定に照らし合わせた場合の
基準は満たしているのでしょうか?
可燃性ガスと支燃性ガスで危険性も気になっています。

ちなみに用途地域は、第二種中高層住居専用地域です。

閲覧数:
813
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

のんくんさん

2012/4/2214:06:14

貯蔵量(Q)<1,000kgの場合

火気との距離2m超です。

質問した人からのコメント

2012/4/22 14:21:42

爆笑 ありがとうございました。
助かりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる