ここから本文です

日本の時代物の小説で (戦時中や江戸時代物) 祖父 曰く 司馬遼太郎さんや ...

smi********さん

2012/4/2521:33:44

日本の時代物の小説で

(戦時中や江戸時代物)

祖父 曰く
司馬遼太郎さんや 鳥羽亮さん系が
好きみたいで
(でも話がわかりやすければ、作者はこだわらない)

オススメの上記系統の本がありましたら
お手数ですが
タイトル、著者を
教えて頂けたら 幸いです。

補足皆さん ご親切に、ありがとうございました。

私は歴史物を読まない為、 祖父の好みが判らなくて図書館で適当に借りていましたので とても参考になり助かりました。

閲覧数:
330
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

u_s********さん

編集あり2012/5/217:30:41

時代小説の大御所といったら、
①柴田錬三郎の眠狂四郎シリーズ
②池波正太郎の剣客商売、鬼平犯科帳
③藤沢周平の用心棒シリーズ
④岡本綺堂の半七捕物帳
辺りになるんじゃないでしょうか。
古いところだと、
⑤佐々木味津三の旗本退屈男
かな。
判り易さでいけば、②と③と⑤でしょうかね。
個人的には、④がお勧めなんですが。

補足について。
参考になれば幸いです。
本日、休みを利用して、文庫本を放り込んでいた段ボール箱をガサゴソ。「眠狂四郎無頼控」を見つけ出しました。多分、年齢的に(70代前後の方なんだろうなと思います)【市川雷蔵】を良くご存じだと思いますので、意外と①もお勧めかもしれません。私は片岡孝夫のTV版に感化されたのですがね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

go_********さん

編集あり2012/4/2613:50:14

お好みに合うか分かりませんが。
山本周五郎著 『樅の木は残った』『さぶ』『赤ひげ診療譚』
山本兼一著 『利休にたずねよ』
乙川優三郎著 『喜知次』『武家用心集』
等がお奨めです。

これより柔らかめなものですと
宮部みゆき氏の『初ものがたり』『ぼんくら』シリーズ、
高田郁氏の『みをつくし料理帖』シリーズ『出世花』『銀二貫』、
松井今朝子氏の『吉原手引草』『吉原十二月』等も大変面白いです。

you********さん

2012/4/2523:05:49

白石一郎の十時半睡シリーズがお勧めです。
講談社文庫から発行されています。
江戸時代の福岡藩が舞台で、藩の要職を引退した主人公が、様々な厄介事を解決……みたいな。
文体の一歩引いた感じが、少し司馬に似ているように感じました。
ぜひ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる